【ソレダメ】食中毒の予防・対策法!食器のつけおきは危険

便利キッチングッズ

2018年6月13日放送の「ソレダメ」は
老けない体を作るスペシャル

食中毒対策の新常識。
ここでは食中毒の落とし穴を紹介!

スポンサードリンク

食中毒の落とし穴

梅雨の時期に起きやすい「食中毒」。

そんな食中毒の新常識をクイズ形式で紹介。



Q:しゃぶしゃぶ、レアステーキ、ハンバーグ
食中毒の危険性が最も高い料理は?



正解は「ハンバーグ」。

ミンチ肉は表面積が広いため
食中毒菌が付着しやすい。

ハンバーグを作る時は焼き上がりに
中央を箸で刺して透明な肉汁が出れば
安全です。

Q:食器のつけおき、スポンジ、冷蔵庫、の内、
食中毒の菌が最も繁殖しやすい場所は?



正解は「食器のつけおき」。

スポンサードリンク

菌が発育する条件は「栄養・水分・温度」で
つけおきは菌が増えやすい条件がそろっています。

食器はすぐに洗うよりも
つけておいた方が汚れが落ちやすい。

そして、菌が増え始める時間が2時間のため、
食器のつけおきは2時間以内なら
つけおきしてもかまわない。。



Q:O157の症状が出るまでにかかる平均時間は?
数時間、1~2日、3~8日



正解は「3~8日」

侵入した菌が体内で増えていく過程で
症状が現れるまで時間がかかます。

一方で「ブドウ球菌」は
体内で菌が増える過程がないため
食べてすぐに食中毒の症状が表れます。




Q:まな板に熱湯をかけるは十分な殺菌効果がない!?
菌の増殖を防ぐには熱湯だけではソレダメ、
何をしないといけないでしょうか?




正解は「熱湯をかけた後に乾燥させる」。

菌を減らすには乾燥して
水分を断つことが重要。

さらにお湯にはかけるのではなく
1分浸けるのが良い。

お湯をかけるだけでは接触時間が
短いため完全に菌が死なないため。

熱湯をかけるメリットは乾燥を
早められること。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ