【あさイチ】世界一甘い桃、あかつきネオの購入は福島の古山果樹園

桃

2017年6月15日放送のNHK「あさイチ」は
JAPA-NAVI 極上の食材王国!福島

ここでは世界一甘いかもしれない
桃について紹介!

スポンサードリンク

世界一甘い桃

世界一甘いかもしれない桃を育てているのは
福島の古山浩司さん。

世界一かもしれない究極の甘さに
ついて聞いてみると

桃の糖度にはギネス記録があり、
今登録されている桃の糖度の記録を
昨年上回ったとのこと。

(あかつきネオという品種のようです。)

桃の平均糖度は11~13度。

古山さんの桃は23.4度、
かつて認定されていた22.2度を超えたのです。

なぜこのように甘い桃ができるのか。

それはウニの殻の力を借りて
生み出されています。

よくみると地面にはウニの殻が
落ちています。

ウニ殻には甘くするための
ミネラル分が豊富で
かつ根から吸収されやすいので
糖度がアップするとのこと。

このウニ殻は知り合いの南三陸町の
ウニ漁師からタダで手に入れているそうです。

ウニ殻は漁師にとっては廃棄するにも
お金がかかる厄介なものだそうです。

さらに糖度を上げるために
がりを薄めて桃の葉1枚1枚に吹きかけます。

すると含まれているマグネシウムで
光合成が促進され糖度が上がるのだそうです。

スポンサードリンク

世界一甘い桃の収穫は8月以降。

ということでスタジオにはあかつきネオではなく
とろもものジュースが登場していました。

とてもとても甘くジャムの
ようなのだそうです。

世界一甘い桃の収穫は8月以降ですが
それに先立ち極早生の桃が
6月10日から収穫が始まっているとのこと。

一般的な桃と比べ半分くらいの
大きさだが甘さが特徴。

古山さんの桃はスーパーには卸さず
ネット販売しており、
6月中には予約がいっぱいになるとのことです。

古山果樹園さんの桃はHPから
購入することができます↓

古山果樹園


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ