【めざましどようび】梅雨の洗濯物の生乾き臭予防法!

部屋干し、シャツ、洗濯

2018年6月16日放送の「めざましどようび」

梅雨の時期の生乾き臭予防法
洗濯前の除菌&早い乾燥について紹介!

スポンサードリンク

生乾き臭の原因

洗濯物の生乾き臭の原因は、
家の中のさまざまな場所にいる
モラクセラ菌が、
洗濯物の水分や皮脂を栄養にして出す
排泄物が原因です。



生乾き臭の予防のポイント

生乾き臭の予防法を
教えてくれたのは、
家事代行サービス12年
ダスキンメリーメイドの
阪口さおりさんです。

2つポイントがあるといいます。

①洗濯前の除菌

モラクセラ菌は熱に弱いので、
洗濯前の衣類を60℃のお湯に
約15分つけおきします。

生地の素材が熱に弱い場合は
40℃のお湯に
酸素系漂白剤を溶かして
約15分つけおきします。

そして、洗濯が終わったら
菌が広がるのを防ぐために
なるべく早く乾かします。



②早く乾かす

環境によってモラクセラ菌は
数時間で大繁殖するので
風通しの良い場所を選びます。

スポンサードリンク

洗濯物の間はできれば10㎝、
可能なら15㎝ほど離して干します。

洗濯ものを干すときは
アーチ干しにします。

中央は短く、外側は
長いものを干します。

タオルをハンガーに干す場合は
端をずらし、
風の通る面積を増やします。

バスタオルは肩掛けにします。

臭いは干してから
約5時間で発生します。

ライオンの実験で
V字干し、長短干しでは、
4時間半ほどかかったのに対し
アーチ干しは4時間ほどと
30分ほど早いことがわかりました。

早く乾かすために
扇風機でまんべんなく風を当てる、
除湿機を真下に置く

また、新聞紙をくしゃくしゃにして
洗濯物の下におくのも湿気がとれる
とのこと。

そして、洗濯直後の濡れた洗濯物を
150℃に設定したアイロンで
アイロン掛けするのも除菌効果が高い
とのことです。



洗濯機の掃除

洗濯機の中にもモラクセラ菌はいるので
3ヶ月に1回は洗濯機クリーナーをいれて
洗濯機をしたほうがいいそうです。

そして、1年に1回は洗濯槽の裏側をプロに
掃除してもらうのもおすすめ
とのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ