【マツコの知らない世界】極上日本ワイン7選!安心院ワインや登美ノーブルドールほか

ワイン

2018年6月12日放送の「マツコの知らない世界」


「神の雫」の原作者が厳選の
極上日本ワイン7選の紹介!

スポンサードリンク

日本ワイン

年間ワインを800種類以上飲む
亜樹直さんが登場。

弟と姉2人で亜樹直だとのこと。

人気漫画「神の雫」の原作などを手がけ
ています。

2016年世界最大のワインコンテスト
で日本ワインが初めて最高賞を受賞し、
今日本ワインが世界で注目を浴びている
のだそうです。

【日本のワインが美味しくなっている理由】
①ワインの醸造家がいろいろと努力している
②ここ10年でブドウの木の植え方が変わった


極上のワイン7本

【GRACE EXTRA BRUT2011(泡)】

GRACE WINE(山梨)

醸造家 三澤彩奈

デキャンター・ワールド・ワイン・アワードという、
世界最大級のワインコンテストで、
2016年にアジアで初めて最高賞を受賞した
スパークリングワイン。

八ヶ岳にある三澤農場で栽培された、
白ワインの女王といわれるブドウの品種
シャルドネを使用しています。

同じものではないのですが
三澤農場のワインです↓



【KERNER DRY 2007(白)】

山崎ワイナリー(北海道)

世界で最も影響力があるといわれる
ワイン評論家ロバート・パーカーさんに
日本最高の87点を与えたワイン。

北海道にある山崎ワイナリーで栽培された、
柑橘類のようなフレッシュな香り「ケルナー」
を使用。

樹林姉弟は「KERNER DRY 2007」を
尾崎豊「I LOVE YOU」と例えていました。



【安心院ワイン シャルドネリザーブ 2016(白)】

安心院葡萄酒工房(大分)

【安心院のワインの特徴】
①シャルドネ
白ワイン用の白ブドウで
フルーティーな香り。

②盆地で栽培
寒暖差が激しい為おいしいブドウができやすい。

樹林姉弟は「眠そうな猫を見ていて
自分も眠くなる感じ」と味の
イメージを例えたのでした。

同じものではないですが
安心院ワインです↓





【ピノ・ノワール2009(赤)】


ドメーヌ ミエ・イケノ(山梨・八ヶ岳)

日本一エレガントな赤ワインとお二人はいっていて、

マンガにも登場したワインとのことです。

オーナー・池野美映さんが登場。

ブドウ作りから醸造まで
ほぼ1人でこなしているとのこと。

そのワインが生まれるのは
山梨県小淵沢町にある、
通称「猫の足跡畑」といわれる農園。

ピノ・ノワールは味の特性を出すのが
最も難しいとさている品種。

スポンサードリンク



【マリコ・ヴィンヤード オムニス 2012】

シャトー・メルシャン(山梨)

2016年伊勢志摩サミットのディナーで
各国の首脳陣から絶賛されたワイン。

こちらは2013年のもの。

【登美ノーブルドール1990】

こちらも伊勢志摩サミットで
注目されました。

山梨県甲斐市にある登美の丘ワイナリーで
作られた貴腐ワイン。

貴腐ワインは、貴腐菌が付着して
糖分が凝縮したブドウで作るワインのこと。



【シャトーブリヤン 1962(赤)】

サドヤ(山梨)

日本一長熟な赤ワイン。

このワインを作ったのは
山梨県甲府市にある1917年創業の
老舗ワイナリー、サドヤで、
日本一早く本格ワインを作ろうと
フランスからワイン専用品種のブドウを
取り寄せた日本ワインの先駆け。

こちらは1992年のワインです↓



幻のフランスワイン

【クロ・パラントゥ1978】

幻のフランスワイン「クロ・パラントゥ」

ブルゴーニュの神様と言われた
アンリ・ジャイエが2006年に亡くなって以降、
彼が作ったワインの値段が高騰しているそうです。

一杯25万円、1本200万円!

こちらは2010年のもの



スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ