【ごごナマ】自律神経を整える方法!タッピング、全身のばし、かかと&つま先上げ下げ

体操、運動、ストレッチ

2018年6月19日放送のNHK「ごごナマ」の「知っトク!らいふ 」は
ため息はつけ!?小林流健康運アップ術

自律神経を整える方法
タッピング、全身のばし、かかとの上げ下げなどの紹介!

スポンサードリンク

自律神経を整える方法

【①ため息をあえてつく】

ため息をついて吐くと、
呼吸が深くなり緊張がほぐれるとのこと。

また末梢神経の血流も良くなり、
副交感新家が優位になります。

吐く息を長くするのがポイントです。




【②いつでもゆっくりを心がける】

ゆっくりした時に呼吸を感じることが大事。

日常生活ではゆっくり歯を磨いたり、
ゆっくり歩く、ゆっくり食べる、
ゆっくり話す、など。

ずっとゆっくり話すのが難しければ
1日のうち、少しでもゆっくり話す時間を作るといい。



【③3行日記を書こう】

1行目は今日一番失敗したこと。
2行目は今日一番感動したこと。
3行目は明日頑張りたいことを書く。

嫌なことを先にかき、
良いことを後にもってくることで
寝やすくなります。


スポンサードリンク

④体操で自律神経を整えよう

【タッピング】

背筋を伸ばして座り、人差し指・中指・薬指の3本で
頭部をやさしく叩く。

指の腹が軽く触るか触らないかぐらいの軽さがいい。

眉間からあごに向かって気持ちよくたたく。




【全身伸ばし】

1.足を肩幅に開き、頭の上で手を交差させ
体を伸ばす。

2.息を吐きながら体をゆっくり
左に倒してゆっくりもどす。
※右の腰が伸びているのを意識する。

※できるようなら息を吐きながら倒し、
戻しながら吸う。

2.息を吐きながら体をゆっくり
右に倒してゆっくりもどす。
※左の腰が伸びているのを意識する。

4.前に息を吐きながら体をゆっくり前に倒し
ゆっくりもどす。

※できるだけまっすぐ倒し、肘も伸ばしたまま。

5.最後にまわす

※座ってやってもよい。


【かかと&つま先の上げ下げ】

1.足を肩幅に開き、かかと上げ下げを8回行う。

2.続いてつま先を上げ下げ8回行う。

※血流が改善されます。




この日のレミさんのレシピ↓
NHK【ごごナマ】枝豆チューチューのレシピ!by平野レミ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ