【あさイチ】機能的な南部鉄器!ふたがフライパンに!IHにも対応

鉄鍋、フライパン

2018年6月19日放送の「あさイチ」の
おでかけLIVE は
暑くてCOOLな暮らしの道具 南部鉄器

岩手県奥州市で作られている
南部鉄器の紹介!

スポンサードリンク

岩手県奥州市の南部鉄器

中継場所は岩手県奥州市。

鉄瓶や風鈴などでおなじみの南部鉄器。

奥州市水沢地区の工場では、
溶かした鉄を、一つ一つ型に流し込んで
製品が作られています。

南部鉄器は、1500度にもなる
溶かした鉄を砂の型に流し込んで作ます。

砂はきめ細かいので
形や模様が自在にできるとのこと。

熱々の鉄は1時間ほど固めると、
まだ砂がついている状態。

この砂を一度落とし、更に熱を加え
錆びにくくし塗装を施してできあがります。

水沢地区は今も50件以上の鋳物工場があります。

この地での鉄器作りは平安時代末期、
鍋や釜などの道具を作ることから始まりました。

今、その技術は、現代のライフスタイルに合わせた、
機能的でおしゃれな調理器具作りに発展しています

【タミパン】

スポンサードリンク

パンが作れます。



【万能鍋】

なんと、
ふたもフライパンとして使えます。



【グリル】

魚焼きグリルで使えます。




【IH対応】

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ