【きょうの料理】パン床漬けのレシピ!食パンとビールで!きじまりゅうた

パン床漬け、ぬか漬け

2018年6月21日放送の「きょうの料理」は
伝統のぬか漬けとアイデアぬか漬け

ここでは食パンとビールを使った簡単漬け
パン床漬けのレシピの紹介!

スポンサードリンク

パン床漬けのレシピ

祖母・村上昭子さんの味を継ぐ
きじまりゅうたさんが紹介。

【パン床漬けのレシピ】

『材料』(作りやすい分量)
食パン→1斤

湯冷まし→カップ1と2/3

ビール→カップ1

塩→大さじ4

『作り方』
1.大きめのボウルに食パンを
細かくちぎっていれる。

2.湯冷ましとビールを加えて
揉むようによく混ぜる。

3.全体にしっとりとしたら塩を加え
まんべんなく混ぜ合わせる。

4.ホウロウ製の容器に③をいれて
手のひらで強く押して平らにする。

5.ぬか漬けの要領で野菜をつける。

スポンサードリンク

パンの耳でぬか漬け

4~5時間後からおいしく食べられます。



野菜の漬け方

【かぼちゃ】
種とワタを取り、
大きめに切って堅めにゆでる。

水けを拭いて冷ましてから漬ける。
食べるときに薄く切ります。

【かぶ】
皮がきれいならそのまま、
汚れていたら薄くむいて縦半分に切り、
パン床に押し込む。

【葉付きしょうが】
茎を10cmくらい残して葉を落とし、
根の汚れを除いて2~3本ずつたこ糸で
結んで漬ける。



保存について

暑い季節は冷蔵庫で保存しますが、
時々室温に戻すと野菜がおいしく漬かります。

寒い季節は室内にきます。

パン床が水っぽくなったら、
6枚切りの食パン1枚をちぎって入れ、
塩とあればビール少々を加えて混ぜ合わせます。

パン床は3~4か月間もちます。




硬いアボカドも1日漬けると
柔らかくなっているそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ