主治医が見つかる診療所】元木大介が血糖値改善プロジェクトに挑戦!驚きの結果が

卵かけご飯

2018年6月28日放送の「主治医が見つかる診療所」は
最新!血糖値コントロール法!痩せて美肌に若返る

ここでは元木大介さんがおこなった
血糖値改善プロジェクトについて紹介!

血糖値改善プロジェクト

糖尿病と診断された元木大介さんが、
岡部医師監修!
10日間血糖値改善プロジェクトを実施。

先生曰く
血糖値を上げるものはご飯・パン・麺
などの炭水化物。

菓子パンはお菓子のようなものなので
禁止。

①ご飯を食べるときは
1食を100g以下をタマゴかけご飯にする。
糖の吸収が緩やかになる

②食後に7~8分歩く
血糖値が急上昇しにくくなる

更に、番組オススメのもやし料理と
かかと落とし(1日30回)を
実践してもらいます。

もやし料理↓
【主治医が見つかる診療所】大豆もやし炊き込みご飯のレシピ!血糖値を上げにくくする

スポンサードリンク

かかと落としのやり方↓
【主治医が見つかる診療所】かかと落としのやり方!血糖値を下げる

4日後、岡部先生からのビデオレターを紹介。

血糖値を下げるため、酢を持ち歩き
毎食1品に大さじ一杯をかけ食べるよう司令。
酢は糖質の吸収を緩やかにする働きがあり、
血糖値の急上昇を防いでくれるとのこと。

開始から8日目の昼、岡部先生からのVTRを紹介。

1日1回、オクラや納豆などの
ネバネバした食品を食べるように司令。

水溶性食物繊維が糖の吸収を
ゆるやかにしてくれます。

血糖値(空腹時の基準値80~109)
184→145に!

ヘモグロビン(基準値4.6~6.2)
8.3→7.9に!

岡部先生はこのまま食事療法を続ければ
基準値内になるとのことでした。

血糖値改善法のまとめ

①ご飯は1食100g以下 タマゴかけご飯で

②ウォーキングを7~8分おこなう

③もやし料理を食べる

④1日30回のかかと落としを行う

⑤毎食大さじ1杯のお酢
※胃腸の弱い方は量を減らしてください

⑥1日1回ネバネバ食品を食べる

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ