【趣味どきっ】サケ缶ののっぺい汁のレシピ!毎日さかな生活

GENKINGの豚汁

2018年6月6日放送の「趣味どきっ!」の。
毎日さかな生活

第1回は「サケで美活」

ここでは
サケ(鮭)缶ののっぺい汁のレシピを紹介!

スポンサードリンク

サケ缶ののっぺい汁のレシピ

元漁師で元水産庁勤務の 魚の伝道士・
ウエカツこと上田勝彦さんに
教えていただきます。

新潟の郷土料理「のっぺい汁」を
サケの缶詰でアレンジ。

暑い季節は冷たく、寒い季節は
あたたかいままいただきす。

【サケ缶ののっぺい汁のレシピ】

『材料』(4人分)
サケの水煮缶→1缶(100g)

レンコン→1節(120g)

大根→200g

にんじん→1本

こんにゃく→1枚(120g)

絹さや→8枚

昆布→10cm角1枚

うす口しょうゆ→大さじ2

水溶きかたくり粉
(かたくり粉と水を同量で溶く)→大さじ3~5

スポンサードリンク

『作り方』
1.絹さやは筋を取り、そのほかの野菜と
こんにゃくは1cm角に切る。

レンコンは酢水にさらし、
こんにゃくは湯通しする。

2.鍋に絹さや以外の①、
切り込みを入れた昆布を入れ、
水をひたひたに注ぐ。

開けたサケ缶を傾けて汁だけを
加えて中火にかけ、野菜に
火が通るまで煮る。

3.粗くほぐしたサケの身を加え、
ひと煮立ちしたら昆布を取り出して
アクを取り、
うす口しょうゆで味を調える。

絹さやを加えてひと煮立ちさせる。

4.水溶きかたくり粉を加え、
軽くとろみがついて透明感が出たら
火を止めてできあがり!

※本来は里芋でとろみをつけますが
今回は片栗粉でとろみをつけます。

※缶汁はサケから溶け出したうまみがいっぱい
むだなく使います



【趣味どきっ】サケで美活のレシピ!鮭の夏の焼き漬け!毎日さかな生活

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ