【林修の今でしょ!講座】長芋のかゆくならない方法、正しいすり方、保存方法

長芋
2018年7月17日放送の
「林修の今でしょ!講座」は
トロロオクラ昆布“ネバネバ”の成分の
驚き健康パワーを徹底解明SP!

ここでは長芋する時かゆくならない方法や
栄養を損なわないすり方、保存法を紹介!

長芋をするとき手がかゆくなるのはなぜ?

長芋をするとき、
手がかゆくなったりします。

これは長芋に含まれるシュウ酸カルシウムの
結晶が手に刺さることが原因。

シュウ酸カルシウムの結晶を
溶かすには、お酢が効果的。

手がかゆくならないすり方

水1ℓに小さじ1杯の酢を入れ、
長芋をつけてからする
手で持つ部分は皮をむかない

または、小さじ1杯の酢を入れた水で、
手を濡らしてからすっえもよい

長芋の正しいすり方

長芋は、すり方を間違えると
栄養素を損なってしまいます。

長芋をするときは、
目の細かいおろし金を選び、
できるだけ速くすります。

おろし金の目が細かいほど、
細胞が壊れて長芋の栄養素が
外に出やすくなります。

また、長芋は空気に触れると
酸化し栄養素を失ってしまうため、
できるだけ速くすったほうがよい。


とろろ&長芋の栄養素を失わない保存方法

とろろは、時間がたつと酸化が進み
せっかくの栄養素を失ってしまいます。

スポンサードリンク

すって余ったとろろは、
酸素に触れないようにラップで包んで密閉し、
冷凍保存すればよい。

する前の長芋は、新聞紙を巻いて
冷蔵庫で保存すると長くもちます。



林修の今でしょ!講座のレシピ

【林修の今でしょ!講座】冷やしとろろ梅茶漬けのレシピ!胃を老けさせない

【林修の今でしょ!講座】とろろとしめじのだし巻き玉子のレシピ

【林修の今でしょ!講座】長芋のかゆくならない方法、正しいすり方、保存方法

【林修の今でしょ!講座】長芋(とろろ)のまとめ!ヘルシーレシピや血管、胃や足腰を老けさせない栄養成分

【林修の今でしょ!講座】オクラとひじきのサラダのレシピ!肝臓を老けさせない

【林修の今でしょ!講座】オクラとちくわの天ぷらのレシピ!肝臓を老けさせない

【林修の今でしょ!講座】ネバネバオクラのマグロ丼のレシピ!

【林修の今でしょ!講座】昆布で高血圧予防や脂肪燃焼力アップの食べ方

【林修の今でしょ!講座】がごめ昆布豆腐のレシピ!二日酔いに

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ