【あさイチ】日焼け止めの効果的な塗り方とは?

メイク術

2018年7月23日放送の「あさイチ」は
紫外線に負けない!日焼け止めのギモン解消SP。

ここでは日焼け止めの正しい塗り方などの紹介!

スポンサードリンク

1、手のひらに1円玉くらいの大きさに日焼け止めを出す。

2、額、両ほほ、鼻、あごの5点に置く。

3、それぞれを均等に伸ばす。

4、同様にもう一度同じことを繰り返し、2度塗りをする。

日焼け止めの塗り方

1.1円玉大の日焼け止めクリームを手に出し、
額・両ほほ・鼻・あごの5点に付ける。

2.指の腹を使って均等に塗り広げる。
分けて置き、伸ばすことでむらなく
伸ばすことができます。

※こめかみ、まぶた、鼻筋、フェースラインも忘れずに

3.(1)、(2)の工程をもう一度繰り返し
、2度塗りをする。



腕・足

1.しっかりした線を引くように日焼け止めをつける。

2.まんべんなく塗り広げる。
※足の甲やひざの裏など塗り忘れに注意

使う量

日焼けの実証実験に協力してくれた3人は
みんな日焼け止めの量が少なかったのでした。

いくら正しい塗り方をしていても
塗る量が少ないと
効果が薄れてしまいます。

SPFの選び方

また、SPFの高いものを使っていればいいと
思いがちですが、実は日常生活では
それほど数値が高くなくてもよいとのことです。

日常生活(お散歩、お買い物程度)なら
20ぐらいで十分とのことです。

日焼け止めのタイプ

日焼け止めにはクリームタイプや
ジェルタイプやスプレータイプなども
あります。

スポンサードリンク


また、最近は飲む日焼け止めも出ています。

飲む日焼け止めは
紫外線を外からガードするのではなく
肌自身がダメージを受けにくくなる体質を
作るためのものです。

化粧下地のUV化粧品

UV化粧下地のUV効果は
ほとんどないとのこと。

SPF50のものを使っていても8.7と
約1/6ほどとなってしまいます。

日焼け止めとは役割が違い
補助的なものなので
日焼け止めをきちんと塗ってから
下地を塗るといいそうです。




【あさイチ】プロ直伝!日焼け止めの塗り直し方・メイク直しの方法!濱田マサル

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ