【名医の太鼓判】サルコペニアとは?予防するたんぱく質のとり方!

老人、介護

2018年7月23日放送の「名医のTHE太鼓判!」
50歳を過ぎたら食事を変える
栄養の摂り方

サルコペニアを防ぐことができる
可能性のあるたんぱく質のとり方を紹介!

スポンサードリンク

サルコペニアとは?

野沢直子さんは
サルコペニア予備軍と診断されました。

野沢さんの食事をみると、
筋肉の元となるたんぱく質が
不足していました。

サルコペニアとは筋肉が減り
筋力が衰えた状態のことで、
転倒したり背骨を圧迫骨折したり
しやすくなります。。

サルコペニアの原因は、
加齢・運動不足・栄養の偏りの3つ。

サルコペニアのチェック法

・自転車で坂を登れない

・椅子に座り、腕を組んで
片足で立ちあがり5秒以上静止できない

・指でわっかを作り
ふくらはぎにはめるとスペースができる

当てはまる項目があると
サルコペニアになる危険性があります。

サルコペニアを防ぐには?

食事がとても大切で、
1日に必要なたんぱく質の量は、
体重1kgあたり1g。

卵だと7個
納豆だと6パック
豆腐だと3.5丁
豚ロースだと13枚
になります。

しかし、なかなかこれだけの量を
取るのは大変です。

栄養のプロは、
1日に必要なたんぱく質を
どのように摂取しているのでしょうか。

たんぱく質のとり方

管理栄養士の足立香代子先生に密着。

スポンサードリンク

先生によると大切なのは間食で、
起床食、朝食、昼食、おやつ、
夕食の1日5食でたんぱく質を
摂取しているとのこと。

足立先生は起床後、
ヨーグルトとキウイフルーツを食べました。
100gのヨーグルトで8.9gの
たんぱく質が摂れます。

キウイフルーツはビタミンCと食物繊維、
抗酸化作用があるビタミンEが豊富。

足立先生イチ押しの食材が春菊。

春菊には骨を強くするミネラルが豊富で、
特に高血圧予防のカリウムを多く
含んでいます。

足立先生はオリーブオイルをかけて
塩・コショウ・ハーブで味付けして
食べていました。

足立先生の朝食作り。

朝から豚肉や卵を食べていました。
卵はたんぱく質を効率よく摂取できるかを
示したプロテインスコアがトップで、
目玉焼き1個で約7gのたんぱく質を摂れます。

スープにもたんぱく質が豊富な
牛乳を入れていました。

朝食だけで40gのたんぱく質を摂取。
食べ方はおかずファースト。

夕方、足立先生は間食に
チーズを取り出しました。

約10種類のチーズを常備
しているとのこと。

夕食でも6種類の刺し身で
たんぱく質を摂取。

足立先生は、1日に113gのたんぱく質を
摂取していたのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ