【この差って何ですか】サバ缶まるごとチーズだし巻き卵のレシピ!

玉子焼き

2018年7月24日放送の「この差って何ですか?」は
赤身魚と白身魚によって異なる
栄養成分を持つ魚の種類による健康効果の差。

ここではサバ缶まるごとチーズだし巻き卵のレシピの紹介!

スポンサードリンク

血液サラサラ効果があるサバ缶

血液サラサラ効果がある「EPA」を多く含むのは「赤身魚」

「赤身魚」の種類によって「EPA」の量に差があります。

「EPA」が多い順は、「サバ」>「カツオ」>「アジ」。

100gあたり、サバは約700mg、アジは約300mgで
「サバ」は「アジ」の2倍以上。

より効果的に「EPA」をとる食べ方はサバの「缶詰」。

「EPA」は骨の周りに多く含まれるため、
骨ごと食べられる「サバ缶」は「EPA」が豊富になります。

「サバ缶」には水煮や味噌煮などありますが、
どの種類でも栄養は多く含まれます。

スポンサードリンク

サバ缶まるごとチーズだし巻き卵のレシピ

【サバ缶まるごとチーズだし巻き卵のレシピ】

『材料』
卵→3個分

サバの水煮缶→1缶

しょう油→大さじ1

砂糖→大さじ1

チーズ→適量

ねぎ→適量

『作り方』
1.卵をボウルに割り入れ溶く。

2.①にサバの水煮を汁ごと入れる。

3.さらににおい消しにチーズと刻んだねぎを入れる

4.③にしょう油と砂糖を入れて味付けする

5.玉子焼き器に油を入れて熱し、
④をいれて卵焼きを作ればできあがり!


【この差って何ですか】クルミゴマだれそうめんのレシピ!

【この差って何ですか】便秘解消にアーモンドが効果的!カカオ70%以上

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ