【たけしの家庭の医学】炭酸入浴剤で血管を老化させない入浴法!炭酸風呂

スポンサードリンク

お風呂、浴室

2018年7月24日放送の「たけしの家庭の医学」


炭酸入浴剤で自宅ででできる
血管を老化させない入浴法の紹介!

スポンサードリンク

血管の老化を止める効果が期待できる温泉

前田眞治先生によると
和歌山県の花山温泉のお湯は
血管の老化を止める効果が
期待できるといいます。

花山温泉のお湯は濃い茶色で
温度は26.1℃の低温泉。

しかし、お湯に浸かって5分ほどすると
体があたたまってきました。

花山温泉の常連の血管年齢を調査すると
10人全員が実年齢より血管年齢が
若かったのです。

なぜ花山温泉に血管の老化を止める効果が
あるのか?

花山温泉の冷たい温泉の成分は二酸化炭素。

二酸化炭素が入った温泉を炭酸泉といいます。

温泉に溶けた二酸化炭素が
皮膚の毛細血管に入り、
侵入してきた二酸化炭素を排出しようと
血管を広げる物質が周りの細胞から出るため、
血液の流れがスムーズになります。

すると血圧上昇が抑えられるため
血管の老化防止や
若返り効果も期待できると考えられています。

太田の病院で行った実験によると
2日に1度炭酸泉につかることで
血管が柔らかくなったという
データも出ています。



花山温泉 薬師の湯↓



血管を老化させない入浴法

血管の老化防止が期待できる冷たい炭酸泉。

しかし温泉地に行くのは無理な場合
自宅で簡単に冷たい炭酸泉に入れる方法を
前田眞治先生が教えてくれました。

【自宅でできる炭酸風呂】

1.風呂の設定を一番低い温度にしてお湯をはる。

2.そのまま1~2時間待つ。

手で触って少し冷たさを感じる
33~35度が適温です。

※これ以上低い温度にすると、寒冷刺激により、
逆に血管を収縮させてしまう可能性があるので注意。

3.市販の炭酸入浴剤を適量入れる。

4.お風呂に浸かる時間は、
炭酸をより多く身体に取り込むために、
20分程度がおすすめです。

※体に異常を感じたらすぐに
中止してください。

炭酸風呂で血管年齢が若返るのか検証

スナック「ちゃぺる」のむつえママは
血管年齢は実年齢より6歳老けていました。

そこで炭酸風呂に入るだけで血管年齢に変化があるのか検証。

5日間の検証が終了し、血管年齢を測定すると
検証前より13歳も若返ったのでした!




はこちら↓

この日のたけしの家庭の医学

【たけしの家庭の医学】茶葉のおひたしのレシピ!肝臓の繊維化改善にビタミンE

【たけしの家庭の医学】肝臓の線維化とは?ビタミンE(アーモンド)で改善

コメントを残す

このページの先頭へ