【ヒルナンデス】シンガポール女子旅!あさこ&大久保!バクテ―やイルカ

2018年7月24日放送の「ヒルナンデス」
あさこ大久保のオトナ女子旅 in シンガポール

どうぶつ園やセントーサ島のドルフィン・アイランド
屋台やバクテ―の紹介!

スポンサードリンク

シンガポール

シンガポールは外国人観光客が約1740万人訪れ
観光収入も過去最高の約2兆円となってます。

他国的文化から生まれた超一流グルメや
絶景の夜景が魅力。
今回はシンガポールの8つの魅力を徹底ガイド。


①シンガポール動物園

年間170万人以上が
来場している動物園。

ここの動物園では檻ではなく
水路などで動物を仕切っているので、
自然に動物の姿を感じることができるのも
人気の秘密。

オランウータンと一緒に朝食を
することが出来る
アーメン・レストランも人気。

♪————————-♪
オランウータンとの
「ジャングル・ブレックファースト」
会場:アーメン・レストラン
時間:9時~10時30分
料金:大人S$35(約2800円)

♪————————-♪

洋食や中国、アジア各国の料理が
30種類ほど食べられ食べ放題。

するとレストランにオランウータンが現れ
飼育員が至近距離でエサを与えています。

オランウータンとの記念撮影は、
スマホを渡せば無料!
プロに撮ってもらった写真は、
S$25(約2000円)で購入可能です。



②アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク

2人はケーブルカーでセントーサ島へ。

流れるプールやウォータースライダーも
人気ですが、一番人気はイルカと直接触れ合える
ドルフィン・アイランド。
イルカが一緒に踊ってくれたり、
水の掛け合いっこをしてくれる。

お別れのキスで体験終了。

♪————————-♪
アドベンチャー・コーヴ・ウォーターパーク
入園料:大人S$38(約3000円)

【ドルフィン・アイランド】
ウォーターパーク内にあり、
ミナミバンドウイルカと実際に触れ合える、
様々な交流体験プログラムを用意している。(有料)

あさこ大久保が体験したのは、
その中の「ドルフィン・アドベンチャー」というプログラム!
料金:大人S$128(約10500円)

スポンサードリンク

※ ウォーターパークの入場料込み
※ 要予約制
♪————————-♪

ちなみに、大型リゾート施設
「リゾート・ワールド・セントーサ」には、
水族館「シー・アクアリウム」もあります。

幅36mの大水槽はギネスにも認定されました。

他にも博物館では、
壮大な後悔の歴史などが体感できます。

③ヒル・ストリート・タイ・ホァ・ポークヌードル

見所3つ目は激安で激ウマの屋台グルメ。
「ヒル・ストリート・タイホァ・ポークヌードル」は
屋台で初めてミシュランの一つ星を獲得。

昼時には「バクチョ-ミー」を求めて
観光客や長年のファンで毎日大行列。

バクチョーミーのこだわりは平打の太麺。

モチモチ食感が絶品で、
黒酢ベースの秘伝のタレを合わせ、
新鮮な豚レバー・肉団子・ミンチなどを
盛り付けたもの。

♪————————-♪
肉麺(バクチョーミー)
レギュラーサイズ:S$8(約650円)
♪————————-♪

2人はシンガポールの住宅街をぶらり。

衣服やデザートなども激安で売られていたのでした。。



④發起人肉骨茶(ファウンダーバクテー)

4つ目世界中の著名人が訪れる
シンガポール料理の専門店。

世界の食通たちが愛するのが
看板メニューは肉骨茶(バクテー)。

元々はマレーシアの郷土料理で
漢方を効かせた体が喜ぶスープ
だったのですが、
クセが強かったためオーナーが
40年ほど前にシンガポールの人に合うように
漢方を使わずスープを改良。

これがシンガポール風のバクテーとして
今では庶民のグルメとして定着。

味付けは豚骨、豚のリブ肉、にんにく、
白こしょうのみ。

長時間煮込むことで雑味がなくなり
旨味だけを凝縮。
肉は醤油ベースの甘いタレに
香辛料を加えたブラックソースで食べます。

スープはおかわり自由だとのこと。

♪————————-♪
白飯:S$0.80(約60円)
油条:S$1.50(約120円)
發起人肉骨茶(バクテー):S$9(約730円)

♪————————-♪

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ