【ヒルナンデス/東海道五十三次 】甲賀コーラや美冨久酒造の甘酒

東海道五十三次

2018年7月27日放送の「ヒルナンデス 」の
「東海道 レッツ 五十三次 新名物探し」

甲賀市交流館の甲賀コーラや
美冨久酒造の甘酒などの紹介!

スポンサードリンク

東海道レッツ五十三次

江戸時代、日本橋から京都三条大橋を結んだ東海道。

その53の宿場では、数々の名物が生み出されていきました

どんなグルメやスポットがあるのか?

ニッチェとたんぽぽがガチで今の東海道を旅する企画!

前回は水口宿をめざし
ほうじ茶専門店のマルヨシで
ほうじ茶シロップ(糖蜜ほうじ)を
試飲したりしました。

【ヒルナンデス/東海道五十三次】マルヨシ近江茶のほうじ茶シロップ(糖蜜ほうじ)

次に目指すのは石部宿。

甲賀市ひと・まち街道交流館

石部宿を目指して出発。

滋賀県甲賀市の文化などを発信する
甲賀市ひと・まち街道交流館があり
立ち寄ることに。

【甲賀コーラ】

(ネットでは売られていないようです。
ツイッターの画像も見つからず)



中にはいると甲賀コーラという飲料が
置かれていました。

甲賀コーラは、以前ラベルが似すぎていて
コカ・コーラから指摘されたが、
現在は許可を得ているそうです。

甲賀コーラでのどを潤し再出発。


美冨久酒造

途中創業101年の
美冨久酒造に立寄ります。

店主の藤居さんによると
「近江米の米どころであり、
琵琶湖もあるため、滋賀県は水・米両方に
恵まれているため酒造に適している」と
のこと。

最近人気なのが甘酒。

【江の甘酒 みずかがみ 972円】

アルコールが含まれていない
米と米麹だけで作られています。

ネットでは売られていないようです。

お米はありました↓

スポンサードリンク

美冨久酒造の甘酒ではないですが
滋賀県・北島酒造の甘酒↓

ニッチェの近藤さんたちが
藤居さんのことを
「肌がめちゃめちゃきれい。
さわっていいですか」などといい
触っていたのでした。

藤居さんはこれも甘酒の効果だといいます。

また、この店では地酒の酒かすを
ぜいたくに使った
湖のくに生チーズケーキ(300円 )も
人気商品となっているとのこと。


常夜灯

田園風景の中を進むと
道中で常夜灯にたどり着く。

道中で最大級の常夜灯なのだそうです。

江戸時代、横田川は船で行き来され、
夜に川を渡る者も多かったため、
大きな常夜灯が建てられたそうです。

ゴールの京都府までは残り3宿。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ