【林先生の初耳学】孤独のすすめ!友達は少ないほうが幸せ?白熱教室

女性

2018年7月29日放送の「林先生が驚く 初耳学!」の
林先生の白熱教室。

「1年生になったら友達100人できるかな」を
否定すべき!

スポンサードリンク

孤独のすすめ!

ゲストの葵わかなさんと岡本玲さんは、
ドラマ「わろてんか」で親友同士の役として
共演していて、私生活でもご飯に行ったりしている
とのことですが…。

林先生が「友達は大切だと思いますか?」
などと疑問を投げかけます。

そもそも、友達がたくさんいることが
よい事であるということを思い込むようになったは
「1年生になったら友達100人できるかな」と
いう歌にあるのではとのこと。

そして、現代人の人間関係の悩みを象徴する
歌でもあるという考えもあるといいます。

これは林先生の考えだけでなく
本にもなっているとのこと。

【友だち幻想】

友達が大切だと言いながらも
時には重い、面倒と思うことがあるのでは?

例えば、もう寝ようかなと思っていたら
メールが来て返事をして、
またメールが来て…
なかなか寝れないなど。

いまはSNSで簡単に人つながることが
できますが、多くの人と
繋がりすぎていることと
負担が増えてくるわけです。

ではどうしたらいいのか?

孤独は寂しくない

ドイツの哲学者のニーチェは
「愛せない場合は通り過ぎよ」
といっているそうです。

無理だなと思ったときは
すっと通り過ぎるような
ドライな人間関係のこと。

「しかし、ドライな人間関係をやっていると、
孤独になって寂しくなるのでは?」
と中島健人さん。

「孤独って寂しいんですか?」
と林先生。

【極上の孤独】

林先生によると
孤独が嫌だという人の共通点は
本を読まない人が多い
ということでした。

林先生によると、
考えるという作業は
ひとりでないとできない。

1人になって考えることによって、
初めて他の人とつながることができると
いいます。

1人になって自分を見つめ直し、
その中で他人とのつながりを見出していく。

それを可能にしてくれる孤独は
寂しくはないと林先生は
言ったのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ