【名医のTHE太鼓判】納豆のナットウキナーゼを最大限にする食べ方!

2018年7月30日放送の「名医のTHE太鼓判!」は
密着!血圧24時!
夏こそストップ突然死スペシャル。

納豆のナットウキナーゼを
最大限にする食べ方を紹介!

スポンサードリンク

ナットウキナーゼが血栓を溶かす

この時期、脳梗塞が急増します。

脱水で水分を失うと
血液がドロドロになり、
血管がつまりやすくなるため。

突然死を防ぐには血管を若返えらせ、
血圧を正常に保つことが重要。

納豆に含まれる
ナットウキナーゼは血栓を溶かすとのこと。

研究では納豆を1週間に約1パック
食べていた人は脳卒中の死亡リスクが
32%低かったそうです。


ナットウキナーゼを最大限にする食べ方

ナットウキナーゼの効果を
最大限に発揮させる方法は
食べ方と時間。

スポンサードリンク

熱に弱い

アツアツのご飯に納豆をかけて食べるのは
オススメではない。

ナットウキナーゼは高温になると
菌が効力を失ってします。
上限の目安は約70度。

納豆チャーハンやカレーへの
トッピングもオススメではない。

冷たくする必要はないので
ご飯を茶碗にもってほぐして
温度を冷まします。

20分常温で放置する

食べるときに冷蔵庫から
出すのではなく、
食べる20分前に冷蔵庫から
出すのがおすすめ。

納豆を20分常温で放置すると
ナットウキナーゼが活性化します。

夜食べる

ナットウキナーゼは食後4時間で
効果を発揮して、8時間ほど
持続します。

なので、血栓ができやすい
夜に食べるのがおすすめです。



名医のTHE太鼓判!」密着!血圧24時

【名医のTHE太鼓判】納豆のナットウキナーゼを最大限にする食べ方!

【名医のTHE太鼓判】酢納豆のレシピ!嶋大輔の高血圧が改善

【名医のTHE太鼓判】サバの水煮缶レシピ!炊き込みご飯&みそ汁!内山信二

【名医のTHE太鼓判】高血圧を予防するキス呼吸のやり方!梅沢富美男

【名医のTHE太鼓判】血圧を下げる!?皮ごと食べられるバナナ(ともいき)!鹿児島南九州市

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ