【この差って何ですか】チーズとしらすのトーストのレシピ!紫外線対策に

バター、パン、コーヒー

2018年7月31日放送の「この差って何ですか?」

紫外線対策に
チーズとしらすのトーストのレシピの紹介!

スポンサードリンク

紫外線対策により効果があるチーズは?

白澤卓二先生によると
紫外線対策に効果的なのはチーズ。

夏は、たくさんの汗をかいたりして
体内のカルシウムが大量に流れ出てしまう。

カルシウムが不足すると、肌の水分を
保持する力が弱まってしまい、
肌のバリア機能が低下してしまう。

チーズは牛乳が乳酸菌で固まってできていて、
カルシムが豊富。

チーズでも紫外線対策により効果があるのは
硬いタイプのチーズ。

乳酸菌が牛乳を固めていくときに
カルシウムを凝縮するので、
硬ければ硬いほど濃縮効果が高い。

【カルシウムの含有量(100gあたり)】
牛乳→110mg
チェダーチーズ→740mg
ゴーダチーズ→680mg
モッツァレラチーズ→330mg
クリームチーズ→70mg

硬いタイプほどカルシウムの量が多い。

スポンサードリンク

より「カルシウム」をとれる食べ合わせは?

白澤澤卓二先生オススメは「しらす」。

しらすには、カルシウムが消化管から
吸収されるために必要なビタミンDが
豊富に含まれています。

しらすのビタミンDがカルシウムの
吸収率を高めてくれます。

チーズとしらすのトーストのレシピ

『材料』
食パン

チェダーチーズやゴーダチーズ
のようなかたいタイプのチーズ

しらす

パルメザンチーズ

『作り方』
1.食パンにかたいタイプのチーズをのせる。

2.①の上にしらすをのせる。

3.②の上にパルメザンチーズをふりかける。

4.トースターで加熱してできあがり!


※パルメザンチーズをかけるのもポイント

パルメザンチーズは熟成期間が長く
カルシウムがより濃縮されているため、
紫外線対策に最適。



この差って何ですかのレシピ

【この差って何ですか】ゴーヤの佃煮のレシピ!

【この差って何ですか】ゴーヤの肉詰めのレシピ!

【この差って何ですか】水キムチのレシピ!自宅で作れる

【この差って何ですか】チーズとしらすのトーストのレシピ!紫外線対策に

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ