【ゲンキの時間】冷や汁(そうめん)のレシピ!熱中症対策に!埼玉県熊谷市

冷や汁

【イメージ】

2018年8月5日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」は
ここからが重症化!?熱中症対策を徹底チェック

ここでは熱中症対策に冷や汁のレシピの紹介!

スポンサードリンク

熊谷市に学ぶ熱中症対策

日本一暑い街・熊谷市では様々な
熱中症対策事業を行っています。

道の駅めぬまでは熱中症対策として
キウイ・ラテ、ハイビスカス、
など甘酒を含んだ飲料を
販売しています。

甘酒はビタミンB郡などが豊富で
吸収も早く「飲む点滴」ともいわれ
塩分も含まれており、熱中症対策には
うってつけ。

スポンサードリンク



冷や汁のレシピ

熊谷市周辺でよく食べられている冷や汁。

『材料』》
キュウリ

ナス

青ジソ

ミョウガ

ゴマ

ネギ

味噌などが入っただし汁

そうめん

『作り方』
1.ナスとキュウリを薄切りにして、
塩もみをする

2.味噌のだし汁にゴマと氷を入れる

3.だし汁に塩もみした野菜と青ジソ、
ミョウガ、ネギを入れたらできあがり

完成した冷や汁を
そうめんのつけ汁にしていただいてください。




【冷や汁の熱中症対策の効果】
味噌→塩分補給

キュウリ→ミネラル

青ジソ→ビタミンB1

ゴマ→ビタミンE

ナス→コリン
胃液の分泌を促し食欲増進が期待できる

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ