【林先生の初耳学】親と神経衰弱をする子が東大に合格する!?

2018年8月5日放送の
「林先生が驚く初耳学!」の白熱教室。

子供の教育に大切なのは遊びで
親と神経衰弱をする子が東大に合格する!
という話。

スポンサードリンク

よく遊ぶ子が東大に合格する

以前、雑誌「プレジテント」の記者が、
東大医学部に通う子供のお母さんに
どんな幼児教育をしたか
聞いたところ、
トランプの神経衰弱をやったという
答えが多かったとのこと。

林先生も、子供の頃に神経衰弱を
かなりやっていたそうです。

あるお母さんは
子供がウルトラマンが大好きだったので
ウルトラマンの画像のトランプを手作りして
一緒に神経衰弱したそうです

小学校に入るまでに、親と一緒に
しっかり遊ぶことが大事。

スポンサードリンク

なぜ遊ぶことが東大合格につながる?

大人の約8割程度までの神経機能が、
6歳までに発達すると言われています。
集中力や思考力の基礎も、
6歳までにある程度は発達すると考えられます。

ただ、神経衰弱さえすれば東大に受かる、
という単純な話ではなく遊び方にも
ポイントがあるとのこと。

子供と一緒に遊ぶ時間を習慣化する

例えば、「夕食後に2時間」などと決めて
子供としっかり遊ぶ。

2時間というと長いですが、
親が根気よく遊びに付き合うことで、
集中力のある姿を見せることができます。

遊びの時間を習慣づけておくことで、
遊びの時間を学習の時間にスライドさせることが
できるといいます。

例えば「今日はお母さん100ます計算
やってみるわ」というと
子供も「じゃあわたしもやる」という感じで
自然に勉強にすり替えることができるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ