【ヒルナンデス/東海道五十三次】滋賀県湖南市のみくりやうどんのエビ天・エビフライカレーうどん!

東海道五十三次

2018年8月10日放送の「ヒルナンデス 」の
「東海道 レッツ 五十三次 新名物探し」

滋賀県湖南市のみくりやうどんの
カレーうどんなどの紹介!

スポンサードリンク

東海道レッツ五十三次

江戸時代、日本橋から京都三条大橋を結んだ東海道。

その53の宿場では、数々の名物が生み出されていきました

どんなグルメやスポットがあるのか?

ニッチェとたんぽぽがガチで今の東海道を旅する企画!

前回は石部宿をめざし
甲賀市ひと・まち街道交流館や美冨久酒造へ。

【ヒルナンデス/東海道五十三次 】甲賀コーラや美冨久酒造の甘酒

今回は石部宿に行く途中にある
「みくりやうどん」を目指して出発。

みくりやうどん

【みくりやうどん】

滋賀県湖南市へ。
旧東海道から国道1号線へ。
そして夏見の「みくりやうどん」に到着。

人気No1はエビ天とエビフライが
同時に食べられるカレーうどん。

かつおやこんぶなど15種類の出汁と
30種類のスパイスを合わせた特製カレーに、
20cmのエビフライと揚げたての海老天を入れた
「海老天・エビフライカレーうどん」

スポンサードリンク

たのんだもの
エビ天・エビフライカレーうどん(1274円)
エビフライ(単品)(324円)
三元豚のカツカレーうどん(1274円)





♪————————-♪
みくりやうどん
住所:滋賀県湖南市夏見639-1
♪————————-♪

51番目の宿場「石部宿」に到着。

「石部宿」は京都から九里(約36km)の遠さで、
京都から出発した旅人は
1泊目を石部宿で宿泊するため
賑わったとのこと。

次は「草津宿」へ。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ