【ゲンキの時間】米ぬかのレシピ!米ぬかヨーグルト、ふりかけ!ビタミンB不足の夏バテに

玄米

2018年8月12日放送の「健康カプセル!ゲンキの時間」。
ビタミンB群で夏バテ予防!

米ぬかヨーグルト、米ぬかふりかけのレシピの紹介!

スポンサードリンク

ビタミンB群

ビタミンB群は、
摂取した栄養素をエネルギーに変えます。

ビタミンB群は、眠っていても、
食事をしても身体から減っていきます。

それは、身体の中で基礎代謝が
行われているため。

夏は特にどんどん
減っていきます。

水溶性のため汗とともに
流れ出てしまうため。

ビタミンB群といっても
8種類あり、その働きは様々あります。

夏バテに特に重要なのが
糖質代謝のB1
脂質代謝のB2
たんぱく質代謝のB6

で三大栄養素をエネルギーに
変えてくれます。

「ビタミンB1」が豊富な食材
うなぎ、豚肉、マイタケ

「ビタミンB2」が豊富な食材
レバー(鶏・豚・牛)、牛乳、ワカメ

「ビタミンB6」が豊富な食材
マグロ、カツオ、卵

夏バテを吹き飛ばすゲンキ食材 米ぬか

「米ぬか」は
ビタミンB1とB6を多く含み、
夏バテ予防に適した食材。

生のぬかは精米店で、
スーパーなどでは「いりぬか」として
購入できます。

選ぶ時は、必ず食用を選びます。

調味料などが含まれているものは、
漬け物専用なので、原材料が米ぬか
のみのものを使います。

米ぬかの使い方

そして、「生」でも「いりぬか」でも、
殺菌を兼ねて油分を飛ばすため、
フライパンで中火で数分間炒ります。

色が変わってきたなと思ったら
火から下ろして粗熱を取ります。

スポンサードリンク

そのあと密封出来る袋や容器に入れ、
空気に触れないように冷蔵庫に入れておけば、
2週間ほど保存できます。

お米農家直伝!簡単米ぬか料理

米ぬかヨーグルト、おにぎり

いりぬかふりかけのおにぎり

『材料』
いりぬか
かつお節
ジャコ
シソ
ゴマ

『作り方』
材料をお好みで混ぜ合わせてふりかけを作り、
おにぎりにまぶせばできあがり。

ふりかけにしておくことで
とんかつの薄力粉に混ぜたり
納豆やおみそ汁、
カレーに振りかけたり
毎日食べやすくなります。


いりぬかヨーグルトのレシピ

『材料』
いりぬか

ヨーグルト

ハチミツ

『作り方』
材料を混ぜればできあがり!



米ぬかは、大さじ2杯で、
玄米100g(小さな茶碗1杯程度)と
同等のビタミンB1・B6が摂取できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ