【世界一受けたい授業】小学生が選ぶこどもの本総選挙!好きな本ベスト10

親と子供、絵本

2018年8月11日放送の「世界一受けたい授業」

2018年5月に発表された
小学生12万人が投票した
小学生がえらぶ!こどもの本総選挙
好きな本ベスト10を紹介!

スポンサードリンク

小学生がえらぶ好きな本ベスト10

今年5月に発表された
小学生12万人が投票した
好きな本ベスト10。

【10位:りゆうがあります】



【9位:ふしぎ駄菓子屋 銭天堂】



【8位:ぼくらの七日間戦争】




【7位:このあとどうしちゃおう】



【6位:おしりたんてい いせきからのSOS】

スポンサードリンク



【5位:おしりたんてい かいとうVSたんてい】



【4位:おもしろい!進化のふしぎ 続ざんねんないきもの事典】



【3位:りんごかもしれない】



【2位:あるかしら書店】



【第1位:ざんねんないきもの事典】



ほとんどがここ5年以内に
出版された本ですが
8位に入ったのが30年以上前に
出版された小説
「ぼくらの七日間戦争」。

1995年に出版された本で
3年後には実写映画化もされました。

番組ではなぜ30年以上も
読み続けられているのかを
取り上げ、齋藤孝先生が
解説していました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ