【名医のTHE太鼓判】酢納豆のレシピ!老眼、白内障改善に

目、視力

2018年8月13日放送の「名医のTHE太鼓判」。
目の健康寿命を延ばして老眼・白内障・緑内障に負けるなSP

目の血流を改善する効果が期待できる
酢納豆のレシピの紹介!

スポンサードリンク

鳥取大学名誉教授の
玉井嗣彦先生。

数年前に先生のもとへ
「目が見えにくくなった」と
82歳の男性がきたそうです。

検査をすると病名は網膜血管閉塞症で
視力は0.01。

目の血管に血栓ができ、血流が滞り、
やがて出血を起こす病気。

この病気は50歳以上の人に多く、
特に高血圧や2型糖尿病の人が
なりやすい。

しかし、酢納豆を食べたことで
わずか2ヶ月で視力が
0.01から1.5に回復したそうです。

目の血流を改善するため
老眼にも効果が期待できるとのこと。

酢納豆は
納豆に含まれるナットウキナーゼが
血栓を溶かす働きがあります。

そして酢の酢酸は血圧の上昇を防ぎます。

血流をよくし目の病気の改善が
期待できるといいます。

酢納豆の作り方

『材料』
納豆→1パック

酢→小さじ2

スポンサードリンク

『作り方』
1.納豆に酢を加えてよく混ぜる。

2.ふわとろになったらできあがり。



酢納豆を食べるタイミングは
血栓予防のためには夜食べるのがよい。

血栓ができやすいのは深夜から早朝までの間。

けれどもナットウキナーゼの効果は
12時間継続するため夜に酢納豆を食べると
血栓の発症を抑制できます。



目の血行促進法

大竹先生オススメの目の血行促進法。

1.手をこすって温める。

2.そして、カップ状にして
目の周りにあてる。

血流は良くなり
眼精疲労やドライアイなどに効果があるととのこと。

これを1分間、朝晩2回行うと良い。




【名医のTHE太鼓判】酢納豆のレシピ!嶋大輔の高血圧が改善

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ