【ありえへん∞世界】カニの代用かまぼこ「ほぼカニ」の製造方法とは?

2018年8月28日放送の「ありえへん∞世界」の
高級食材 謎の代用品

高級食材カニの代用品である「ほぼカニ」の紹介!

スポンサードリンク

カニの代用かまぼこ「ほぼカニ」とは?

高級食材のカニは庶民にとっては高根の花。

しかし、高級食材カニの代用品であるヒット商品
「ほぼカニ」は
カニカマのような蒲鉾商品にもかかわらず、
その味はカニそっくり。

本物の味に近づけるための秘密とは?

作っているのはカネテツデリカフーズ。

ほぼカニの原材料は
かまぼこと同じ白身魚のすり身。

特別に配合した液体の調味料と粉末を加えて
機械で混ぜ合わせます。

そして、旨み・甘味・酸味など
様々なアミノ酸を数値化して
絶妙に調合、カニの味を
ほぼ再現しているとのこと。

味よりもっと重要なのが食感。

薄く伸ばしてシート状にして
0.5mm幅の細かい切れ目をいれ、
これを斜めに巻くことで
食感を再現しています。

(普通のカニカマは一方に裂ける単純な繊維)

スポンサードリンク

このかまぼこで味を再現した商品は
シリーズ化されています

【ほぼホタテ】



アレルギーの人でも食べられる
「ほぼエビフライ」や

「ほぼカキフライ」
「ほぼうなぎ」(現在は販売終了)
などがあります。




【ありえへん∞世界】キャビアの代用品、ランプフィッシュとは?

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ