【この差って何ですか?】1口30回噛むことはダイエットや小顔に効果的か検証!

サラダ野菜ダイエット

2016年7月24日放送「この差って何ですか?」で
「食事をする時、噛んだ回数によるダイエット効果」
がとりあげられました。

1口30回噛むことは本当に
ダイエットに効果的なのか検証!

スポンサードリンク

1口30回噛むことは本当にダイエットに効果的?

よく噛んで食べることはダイエット効果が
あるといわれています。

噛むことで脳からヒスタミンが分泌され
満腹中枢を刺激して食欲が抑えられます。

さらにノルアドレナリンが体内に多く分泌され、
脂肪が燃焼されやすくなるのです。

ではどのくらい噛めばよいのでしょうか?

街の人に聞いてみてもネットや書籍でも
「30回」と書かれている事が多い。

噛む回数を10回と30回と50回で検証

1口30回噛むことは本当に
ダイエットに効果的なのか検証!

今回監修してもらったのは
ダイエットと美容の専門家
湘南美容外科・福澤見菜子先生。

20代~30代の女性9人に協力してもらいます。

3人ずつ3つのグループに分け、
一週間、朝・昼・夜
10回と30回と50回、それぞれ指定された回数を噛み
変化を測定しました。

ちなみに事前に普段噛んでいる回数を数えると
ひと口の平均は”8回”でした。

本当に噛む回数だけで体重が変わるのか
スタート。


50回噛む人は食べ終わるのに
1時間以上かかっていました。

しかし、30回と50回噛んでいる人たちに
ある変化が…。

便通がよくなってきたそうです。

お通じがよくなった理由は
噛むことで唾液が多く出るのですが、
胃の中に消化酵素が入っているので
胃や腸の負担が少なくなり
お通じがよくなったのではないかとのこと。

さらにご飯を食べる量も減ったそうです。
噛む回数で満腹中枢がより刺激されたようです。

スポンサードリンク

こうして1種間がたちました。

【検証結果】

『体重』
1日10回噛む人の体重の変化「平均-0.2㎏」
検証前とあまり変化はありませんでした。

1日30回噛む人の体重の変化「平均-0.9㎏」
噛む回数が増えたことで普段通り
生活しても痩せることができました。

1日50回噛む人の体重の変化「平均-1.5㎏」

『体脂肪率』
10回噛んだ人の体脂肪率の変化「+0.6%」

30回噛んだ人の体脂肪率の変化「-1.0%」

50回噛んだ人の体脂肪率の変化「-1.4%」

【検証の結果】
ダイエットに一番効果的なのは50回噛むこと!

しかし、先生によると小顔については
デメリットがあるそうです。

噛むことによる小顔効果についても検証

30回噛む人はほうれい線が薄くなっていました。

これは噛むことで唾液が分泌され、
中にアンチエイジングにも良い成長ホルモンがあるので
その効果もあるのではとのこと。

30回噛む人の耳から顎までの距離をメジャーで計測すると、
平均で1.5センチ小さくなりました。

この理由は
顔の筋肉は8割が口周りについています。

噛むことで筋肉が動かされて、
血流やリンパ流が改善されて
むくみが取れたことが大きい。

ただ、50回噛んだ方は検証前と比較すると
あごのライン大きくなったような結果に。

これは噛みすぎたことによってあごの筋肉が張って
しまったため。

ということで結論としては
ダイエットと美容の両方に効果的なのは、
ひと口30回くらい噛むこと

です。

モデルのマギーさんも30回噛むことを
実践しているそうです。

最初は意識してやっていたそうですが、
今は無意識に30回ぐらい噛んで食べているそうです。

なので食べるのは人の倍ぐらいかかるそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ