進化するオシャレ下駄!静岡県静岡市【あさイチ】

げた、下駄、夏

2018年9月3日放送の「あさイチ」のおでかけLIVEは 
履き心地抜群!オシャレ下駄

ふだん着の着こなしにも十分履ける
「オシャレ下駄」の紹介!

スポンサードリンク

オシャレ下駄

静岡県静岡市の水鳥工業さん。

静岡市は明治~昭和初期にかけて、
下駄の一大産地でした。

しかし、靴やサンダルの普及が
拡大するにつれ、その生産量は
どんどん減っています。

昔からの下駄工場では、
下駄の文化を未来に残そうと、
ふだん着の着こなしにも十分履ける
「オシャレ下駄」を作成。

地元の女性を中心に
ひそかな人気となっています。

こちらの下駄は歩きやすさと
履き心地の良さはもちろん、
ファッション性もあり洋服にも合います。

工場では鼻緒は職人さんが型を使って
柄がかわいく見えるよう裁断しています。

鼻緒の種類は90種類以上もあります。

足を乗せる木の部分を台といいますが
台ににもこだわりがあり、
一枚の木から削って作られています。

足の裏の形に合わせて湾曲し、
木目が美しく出るよう
左右同じ様な柄を合わせているそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ