【シューイチ】相撲トレのやり方!動画も!下半身トレーニング

体操

2018年9月9日放送の「シューイチ」の
中山のイチバン

今注目の「相撲トレ」を紹介!

スポンサードリンク

相撲トレとは?

考案したのはNTT東日本関東病院の大江隆史先生。

相撲トレとは、運動器の衰えで
体を動かす能力が低下する
ロコモティブシンドローム(ロコモ)を
予防するためのトレーニング。

相撲の土俵入りの動きは体幹を保持し、
効率よく下半身の筋肉を鍛え、
丈夫な体を作る効果が期待されているとのこと。

1日たったの2分行うだけ。

ロコモかどうかを判定するテスト

高さ40cmの台や椅子などを使います。

1.胸の前で腕を交差させ台や椅子に座る。

2.片脚を少し上げ、浅く腰掛け前傾姿勢を取る。

3.そこからゆっくり立ち上がり、3秒キープ

同様にもう片方の足でも行い
ふらつかずに立ちがれればロコモではありません。



相撲トレのやり方

基本動作

真っすぐ立ち、両足は肩幅よりやや広めに開き
つま先を外側に向ける

頭からかかとまでが一直線になるように意識する。

1.腕を大きく回して柏手を2回打つ

スポンサードリンク

2.両腕を斜め前に広げ、腰をおとす

3.腰を落としたまま
柏手を2回打つ

4.ゆっくり立ち上がり、止まらずに腰を落とし
立ち上がる

※ひざがつま先よりも前に出ないように
お尻を突き出すようにする。

背中や太ももを効率よく鍛えることができます。

この一連の動きを2セット行います。
毎日継続して行うことが重要。



相撲トレの動画です↓

 上級編:四股動作 

基本動作だけでも十分効果がありますが
物足りない人のために上級編。

1.右足で立ち左手を腰に添えて右手を上げる。

2.右手を膝に置き、左足をゆっくりと上げていく。

左手は太ももの後ろに添える。

※状態を前にし、左手でひざを後ろから
持ち上げると安定します。

3.上げた足をゆっくりと下ろす。

4.さらに腰を落として右足・左足を半歩ずつ前に出す。

5.足幅を狭めながらゆっくりと立ち上がる。

6.もう片方の足も同様に行います。

基本動作は2セット、
四股動作は左右それぞれ1セットを
およそ2分かけて行うのが理想とのことです。



スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ