【あさチャン】オクラ水のレシピ!栄養素をたっぷりとる賢い食べ方も

オクラ、おくら

2018年9月11日放送の「あさチャン」

オクラ水のレシピやオクラの栄養素を
ふんだんに取り入れる方法の紹介!

スポンサードリンク

秋バテにオクラ

暑さも落ち着き朝晩涼しくなる中、
今、増えているのが“秋バテ”。

こうした中、売れ行き好調なのがオクラ。

オクラが“秋バテ”に効果が
期待されているのだそうです。

肝臓を守る力が期待できるという
ポリフェノールが多く、
また、ネバネバ成分のペクチンは
水溶性の食物繊維。

腸内環境が良くなり食欲改善にも
つながるとのこと。

全国有数の生産地 高知県の
「オクラ」農家へ。

新鮮なオクラの見分け方

新鮮なオクラの見分け方は、
切り口が茶色くなっていないものを
選ぶと良い。

オクラの栄養素をふんだんに取り入れる方法

生産者にオクラを調理法を聞くと
そこには栄養素をふんだんに
取り入れられる
賢い食べ方があったのでした。

ポイントは捨ててしまいがちな
ヘタの部分にも栄養素が多いため
切り落とさずに
面取りをするだけで全部使います。

ちくわとオクラの天ぷらのレシピ

『材料』
ちくわ

オクラ

小麦粉

『作り方』

ちくわの穴に「オクラ」を入れ、
小麦粉につけて揚げたらできあがり。

油で揚げるとポリフェノールが
油に溶けるので調理すると
効率よく吸収できる。

オクラと山芋の和えもののレシピ

さらにネバネバパワーを
最大限に引き出す調理法がみじん切り。

ネバネバ成分のペクチンは
細胞壁に入っているので
細かく刻むことで引き出されます。

『材料』
オクラ

山芋

めんつゆ

『作り方』
1.オクラをみじん切りにする

2.①とやまいもと
めんつゆであえればできあがり

さらに、みそ汁に入れると
水溶性食物繊維が
溶けて吸収されやすくなります。

オクラ水とは?

そんな中、「オクラ」と水を使った
「オクラ水」が注目されています。

一晩冷蔵庫で水に入れるだけでできます。

水にネバネバ成分が溶けて
簡単に栄養を摂取ができると大人気。

オクラ水のレシピ

『材料』(1人分)
生オクラ→5本

水→100~180ml

『作り方』
1.オクラのヘタを取り除く。

2.コップに①の切った部分が
下になるように入れ、オクラが漬かる
程度まで水を注ぐ。

ふたやラップをして、
冷蔵庫で8~12時間ほど
置けばできあがり。

トロトロのオクラ水ができます。

朝に1杯を目安に飲みます。

※オクラは傷みやすいので、
使い終わったオクラは
オクラ水で再利用しない。

オクラ水を飲むと
血流が改善されるといいます。

高血圧、糖尿病など
生活習慣病にも効果が期待できる
そうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ