【たけしの家庭の医学】高血圧改善!睡眠の質を上げる片鼻呼吸法

枕、睡眠

2018年9月11日放送の「たけしの家庭の医学」の
高血圧を防ぐ科。

ここでは睡眠の質を上げる片鼻呼吸法を紹介!

スポンサードリンク

高血圧の新原因

高血圧の原因の一つは塩分の摂りすぎ。

しかし、近年、塩分を身体から出せず
高血圧になる人が増えているとのこと。

高血圧状態が続くと動脈硬化になり
心筋梗塞などを引き起こします。

高血圧対策というと減塩と適度な運動。

しかしいくら対策をしても
治らない新たな原因がわかってきました。

東京女子医科大学病院の
市原先生によると
体からうまく塩分を排出することができず
体内に塩分をとどめてしまう人が多いそうです。

摂った塩分の80%以上が尿にでれば正常で
80%以下だと塩分を排出しにくい人です。

そのような人たちは減塩や運動をしても
無駄骨になってしまいます。

実は睡眠の仕方により塩分を身体に溜めるか
どうかが決まるとのこと。

スポンサードリンク

よく眠れる人と眠れない人、この違いが
なぜ塩分の排出に影響するのでしょうか。

市原淳弘先生によると
ストレスが発散できている人は
塩分が排出されるのだそうです。

眠りの質が悪いとストレスが多くなり
コルチゾールというホルモンがでます。

このホルモンは塩分を取り込んで
血圧を上昇させようとします。

そのため高血圧になってしまうのです。

改善法として片鼻呼吸があります。

片鼻呼吸法

1.片方の鼻をふさぎ、
ふさいだ反対の鼻から10秒吸い込む

2.同じ鼻から10秒吐く

3.交互に10分行う

片鼻呼吸をすると
より深い呼吸ができ、副交感神経が高まり
安眠につながるとのことです。



たけしの家庭の医学

【たけしの家庭の医学】高血圧改善!睡眠の質を上げる片鼻呼吸法

【たけしの家庭の医学】高血糖の人は口から“おなら成分”原因の小腸のガスを減らすには?

血栓を溶かす「t-PA」を増やす方法はウォーキング【たけしの家庭の医学】

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ