【きょうの料理】栗原はるみの栗と鶏手羽の煮物のレシピ!

栗と鶏手羽の煮物

2018年9月13日放送の「きょうの料理」の
栗原はるみの楽しい定番ごはん。

もち米100%で作るたっぷりの栗おこわと、
鶏手羽でだしをとったスープで煮込んだ、
栗を使った中国風の煮物の2品

ここでは栗と鶏手羽の煮物の
レシピを紹介!

スポンサードリンク

栗原はるみさん

栗と鶏手羽の煮物のレシピ

栗と鶏手羽の煮物

ほっくりとした栗に鶏手羽のうまみを
しみ込ませた、甘辛味のおかず。

鶏手羽には味がしみやすくなるよう、
また食べやすくなるように
切込みを入れておくことがポイント。

紹興酒やオイスターソースなどを
加えることで、深みのある味わいを楽しめます。

『材料』

栗→500g(正味約300g)

鶏手羽先→ 8本(500g)

干ししいたけ→8枚

にんにく→3かけ

スポンサードリンク

しょうが→1かけ

ねぎ(青い部分)→1本分

紹興酒(または酒)→大さじ2

(A)
しょうゆ→大さじ2

砂糖 → 大さじ2

オイスターソース →大さじ2


サラダ油

『作り方』
1.栗は、水につけて30分以上おき、
鬼皮と渋皮をむく。

干ししいたけは少なめは
少なめの水で戻す。

栗を鍋に入れ、かぶるくらいまで
水を注いで火にかけ、煮立ったら
一度ゆでこぼす。

2.鍋をきれいにして栗を戻し入れ、
再びかぶるくらいまで水を注いで
火にかける。

煮立ったら中火にし、
柔らかくなるまで10~15分ほどゆでて
ザルに上げる。

3.干ししいたけは軸を取り、
大きければ半分に切る。

にんにくとしょうがは
包丁でたたいてつぶす。

ねぎは縦半分に切る。

4.手羽先は関節部分で
手羽中と先の部分に切り分ける。

手羽中は裏に骨に沿って
1本切り込みを入れる。

先の部分はよく洗って水気を拭く。

5.小鍋に手羽の先の部分と水(カップ2)、
しょうが、ねぎを入れて火にかける。

煮立ったら弱火にしてフタをし、
10~15分ほどゆでる。

ザルでこし、足りなければ
水を加えてカップ2にする。

6.深めのフライパンにサラダ油(大さじ1/2)と
にんにくを入れて弱火で香りを出し、
手羽中を皮を下にして入れて中火で焼きつける。

両面に焼き色がついたら紹興酒(大さじ2)で
風味をつけ、⑤のスープと (A)を加え、
干ししいたけと栗を加える。

7.煮立ったら落しぶたをし、
中火で煮汁に少しとろみがつくまで
15~20分ほど煮たらできあがり。



【きょうの料理】栗原はるみの栗おこわのレシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ