そば、蕎麦

2023年1月16日に放送の「世界!ニッポン行きたい人応援団」
日本そば”愛すフランス人に東京の名店が指導し劇的進化!

こちらではそば作りを伝授したそば「一休庵」などの紹介です!

スポンサードリンク

一休庵

「“日本そば”を作れるようになりたい!」
何度作ってもうまくいかないというフランスのミカエルさん。

招待したいのですが昨年の夏時点では渡航に制限が設けられており
スタッフが訪ねたのは東京・調布市の深大寺にある名店「一休庵」の内野和彦さん。
店内には五十嵐カノア選手とのツーショット写真があり甥っ子なのだそうです。
一休庵には平日でも行列が出来、内野さんは1日700人前のそばを打つとのこと。

ミカエルさんのために「一休庵」の内野さんがリモートでニ八そばの蕎麦打ちの極意を伝授。

水400cc、小麦粉とそば粉あわせ1kg。
水を9割入れ、そのあと少しずつ3、4回に分けて加える。
生地を全身の力でこねる。
打ち粉はそばの実の中心の部分を粉末に使用。
ミカエルさんは小麦粉をつかっえいました。
綿棒は猫の手にして伸ばしていきます。
綿棒で生地を巻きながら伸ばしたたみ切って、約45秒ほど茹でたら完成。

ミカエルさんは後日、内野さんがプレゼントしてくれたそば粉、打ち粉でそば打ちに挑戦。
うまくできたのでした。

内野さんは日本に来たときはぜひ一休庵によってくださいと話したのでした。

HPはこちら↓
深大寺そば 一休庵

スポンサードリンク

深大寺そば 一休庵のお店の場所

お店 深大寺そば 一休庵
住所 東京都調布市深大寺元町5丁目11−2

まとめ

深大寺そば 一休庵のお店などの紹介をしました。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク