フジ バイキング!森公美子の節約レシピ!1つの鍋で4品 すき焼き定食

すき焼き定食

2016年1月12日放送のフジ バイキング!「坂上忍との時短!簡単!節約!晩ごはん」で作っていた1つの鍋で4品『すき焼き定食』のレシピを紹介!

作業時間22分

すき焼き定食のレシピ

22分で4品。ご飯もお鍋で作ります。


【すき焼き定食のレシピ】

すき焼き定食

『材料』

米→1合
水→200ml

(すき焼き)
白菜→大1/2枚
玉ねぎ→1/4個
えのき茸→50g
しいたけ→2個
わけぎ→1本

焼き豆腐→100g

砂糖→大さじ1と1/2
みりん→大さじ1
しょう油→大さじ2
牛こま肉→100g

(みそ汁)
味噌→大さじ1/2
粉末だし→大さじ1/2
水→180ml
乾燥わかめ→ひとつまみ

(白菜の浅漬け)
白菜→小1枚
梅昆布茶→小さじ2

『作り方』
1.鍋に湯を沸かし、金ザルを入れておく。(火加減は中火)

2.洗って、水気をきった米を密閉保存用のビニール袋(耐熱チャック式)に入れ、水を加えて、少し空気を入れて口をしっかりと閉じ、①の鍋に入れる。

鍋でごはん

鍋でごはん

洗い物が少なくてすむのでアウトドアや災害時にもおすすめ

 

100℃以上の耐熱があるビニール袋を使います

スケーター 湯煎調理バッグ↓

スポンサードリンク

3.すき焼きに使う野菜を食べやすいな大きさに切る。
玉ねぎは薄切り、白菜は小さめのひと口大に。えのきは石づきを取り、しいたけは石づきを取り半分に。わけぎは下2/3ぐらいを5cm長さに切る。
(わけぎの残りの上部はみそ汁に入れるので小口に切っておく)

4.別のビニール袋(耐熱チャック式)に調味料(砂糖・みりん・しょう油)を入れて混ぜ、牛こま肉も入れて軽くもみ込み、半分に切った焼き豆腐を入れる。
③の野菜も入れ、口をしっかりと閉じ、①の鍋に入れ加熱する。

5.みそ汁を作る。
別のビニール袋(耐熱チャック式)に水、粉末だし、味噌、乾燥わかめを入れて混ぜ、味噌を溶かして口を閉じ、①の鍋に入れ加熱する。

6.時々ビニール袋を動かして火の通りを均一にしながらゆでる。

7.3品の完成を待っている間に、白菜の浅漬け作り。
白菜を繊太めの千切りにし、ビニール袋(ポリ袋)に入れて梅昆布茶を加えてよくもみ込み、器に盛りつける。

8.できたものから盛り付ける
(米を鍋に入れてから18~20分後に)ごはんを取り出し盛る。
みそ汁を取り出し器に盛り、わけぎをのせる。
すき焼きを盛りつけ卵を添えればできあがり!


感想

ご飯やおみそ汁も耐熱ビニール袋でつくれるんですね~。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ