林先生の初耳学:逆腹筋でぽっこりお腹を解消する方法!

ストレッチ

【イメージ画像】

2019年9月1日放送の「林先生が驚く初耳学」

ぽっこりをお腹を解消する
逆腹筋のやり方を教えてくれましたので
紹介します。

スポンサードリンク

ぽっこりをお腹を解消できる方法とは?

ぽっこりをお腹を解消できる方法とは?
という3択問題が出ました。

A:体を反る

B:お腹をたたく

C:お腹に温水と冷水を交互にあてる

正解はAの「体を反る」(逆腹筋)でした。

ぽっちゃり体形の人に1日10回、3セットを
2週間やってもらったところ
ウエストが86.5cm→79cmの-7.5cmに減った人も。


スポンサードリンク

なぜ逆腹筋の方が効果がある?

通常の腹筋は主に表面の筋肉、腹直筋しか
鍛えられないのでお腹が分厚くなるだけ。

しかし、逆腹筋は体幹を支える
筋肉、インナーマッスルが鍛えられます。

重さの頭は約5㎏。
上体を反らすとその重みを支えるため
バランスを取ります。

そのとき普通の腹筋では鍛えられない
インナーマッスルの腹横筋が鍛えらます。

腹横筋はコルセットのような役割があるので、
ウェストが自然に締まっていきます。



逆腹筋のやり方

1.両足を腰幅に開く。

2.足の指を床から浮かせる。

逆腹筋

3.両手で頭を支え、お腹が出ないよう
上体を後ろに反らし、5秒キープ。

逆腹筋

息を吐きながら元の姿勢に戻る。

これを1日10回3セット行います。

2週間続けるとかなり効果が出るようです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ