この差って何ですか:自分に似合う髪型の見つけ方!顔の長さ&目の印象

髪型、ヘアスタイル

2020年1月7日放送の「この差って何ですか」

ここでは
自分に似合う髪型と自分に似合わない髪型の差の紹介!

スポンサードリンク

自分に似合う髪型

自分に似合う髪型を選ぶためのポイントは2つ

・顔の長さ
・目の印象

「目の印象」と「髪の印象」を合わせてあげると、
「似合う髪型」となります。

岡田実子先生に教えていただきました。




①顔の長さ

「顔の長さ」が「長い」か「短い」かによって、
似合う髪型が変わってきます。

人の顔の形は、
「丸顔」
「卵型」
「面長」
「ベース型」
「面長のベース型」
の5つのタイプに分けられます・

「卵型」、「面長」、「面長のベース型」の人は、
顔の「縦の長さ」が「横の長さ」よりも長いので、
顔のタイプが「長い」タイプ。

スポンサードリンク

一方、「丸顔」や「ベース型」の人は、
顔の「縦の長さ」が「横の長さ」よりも短いか、
同じくらいなので、顔の長さが「短い」タイプ

顔のタイプが「長い」タイプ→「卵型」、「面長」、「面長のベース型」

顔のタイプが「短い」タイプ→「丸顔」や「ベース型」

顔が「長い人」

顔が「長い人」は、おでこを出す髪型がオススメ


「短い人」

顔が「短い人」は、おでこを出さない髪型がオススメ



②目の印象

「目の印象」は、
目が丸くて「柔らかい印象の目」と、
切れ長で「キリッとした印象の目」と
2つに分けることができます。

柔らかい印象の目→二重・目尻が下がっている

キリッとした印象の目→奥二重・目尻が上がっている(つり目)

目の印象が「柔らかい」人

パーマのような曲線的な髪形が似合う。

男性も同じで柔らかい目の人は、
ボリュームを出したりパーマが似合う


目の印象が「きりっとした」人

ストレートのような直線的な髪型が似合う。

男性も同じできりっとした目の人は、
ストレートやツンツンと立ち上げた髪型が似合う


そして、「目の印象」と「髪の印象」を
合わせると似合う髪型になります。

まとめ

顔が「長い人」は、おでこを出す髪型

顔が「短い人」は、おでこを出さない髪型

目の印象が「柔らかい」人は、パーマのような曲線的な髪形

目の印象が「きりっとした」人はストレートのような直線的な髪型

似合う髪型

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ