ヒルナンデスの新テーマ曲は「欲張りランチタイム」!のぞまぬ&BASSICKとは?

音楽、音符

2020年10月1日放送の「ヒルナンデス」

ヒルナンデスの新テーマ曲
のぞまぬ&BASSICKの「欲張りランチタイム」について紹介!

スポンサードリンク

最終選考に残った5曲

1曲目:眉村ちあきさんの「ヒルナンデス!」

2曲目:月光テツヤさんの「ヒル!ヒル!ヒル!」

3曲目:MOS feat.Ariさんの「do-va-do Lunch(ドゥバドゥ ランチ)」

4曲目:遥海さんの「Be Alright ~ヒルナンデス!Ver.~」

5曲目:のぞまぬ&BASSICKの「欲張りランチタイム」

選ばれたのはのぞまぬ&BASSICKの「欲張りランチタイム」

応募総数は2664曲。

スタッフ246人より決定した
ヒルナンデス!新テーマ曲は「欲張りランチタイム」。

欲張りランチタイムを作ったのぞまぬさんとBASSICKさん。

歌と作詞を担当したのは
アイドルやゲーム楽曲のコーラスをしている「のぞまぬ」さん。

青森県で生まれ母の勧めで音楽に興味をもち、
高校卒業後シンガーソングライターを目指し上京。

しかしオーディションは軒並み落選、
派遣社員として2年間勤務していたことも。

そのときの経験を書いた歌詞も。

「のぞまぬ」という名前は、本名が「のぞみ」といい
一度聞いたら覚えてもらえるような名前にしたくて
「のぞまぬ」になったのだそうです。

一方作曲を担当したのは
ベーシストとしても活躍中の「BASSICK(ベーシック)」さん。

20歳のとき両親の反対を押し切り大学を中退。

音楽の道へ進むため、世界一周ストリートライブの旅へ。

15ヵ国を回りで腕を磨きました。
しかし音楽だけでの生活は難しく
ティッシュくばりなど6種類のアルバイトを続けてきました。

そんな2人は、今回初めて一緒に曲を制作、
そのきっかけはSNSでの呼びかけでした。

自粛期間中にSNSを通じて意気投合したのでした。

選考にかかわったスタッフの反応は
「お昼にはもってこいの曲」
「ポップな曲調が番組に合っている」
「耳なじみが良く心地よい」
などの声が上がっていました。






林勇太郎/BASSICKさんのッツイッター↓
林勇太郎/BASSICK

nozomi**のぞまぬさんのツイッター↓
nozomi**のぞまぬ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ