得損の得ワザ!肉まん&サイゲン大介の有名牛丼店のレシピ・作り方

牛丼

2016年1月7日に放送された「あのニュースで得する人損する人SP」の「坂上忍の得ワザ! 損ワザ!」コーナー。

フワフワ肉まんの作り方と神の舌を持つサイゲン大介の有名牛丼店のレシピ・作り方の紹介!

フワフワ肉まんがたった5分で作れる!

牛乳とパン粉があれば簡単に肉まんの皮が出来るという得ワザ!

・パン粉100gと牛乳120mlを混ぜる(1分ほど混ぜ生地ができあがる)。

肉まん

・ラップの上で生地を延ばしシューマイを包む。(生地を4等分して4つ作る)

・つまようじで5~6か所穴を開ける。(レンジの中で破裂するのを防ぐため)

・500Wの電子レンジで1分30秒温めれば「ミニクまん」が完成!
(冷凍シューマイの場合、2分30秒温める。)

肉まん

女子栄養大学助教 浅尾貴子さん
「肉まんの皮はイーストを入れて生地を発酵させているので独特のふっくらした食感が生れるんです。

今回のテクニックはパン粉に含まれるでんぷんが水分と熱を加えるとふっくらする特徴を持っているので肉まんの皮に似た食感になったのです。」と説明。

また、牛乳でパン粉で不足する糖分や脂分を補い風味がアップ!

さらに豚挽き肉やタマネギなど肉まんとほぼ同じ具材が使われているシューマイを使うことで1から具材を作る手間も省ける!

こうして調理に2時間ほどかかる肉まんがわずか5分で完成!

【坂上ジャッジ】
得ワザ!

スタジオでは様々な具材が入ったミニクまんを用意。

ごま高菜、角煮まん、カスタードまん、明太子まんなど、みなさんおいしいといっていました。


サイゲン大介ことうしろシティの阿諏訪泰義とは?

お笑い芸人のうしろシティの阿諏訪泰義が有名店の牛丼を再現するために登場。

スポンサードリンク

阿諏訪泰義さんは京都の老舗料亭の『なだ万』の元店長が出したお店で6年ほど修行を積んだという元プロの料理人。

オリジナルレシピをのせた本を出版するなど料理の腕前は1級品。

そんな彼の最大の武器は1度食べただけでその味を再現できてしまうという神の舌。

彼は人呼んでサイゲン大介!

牛丼の試作をするということでサイゲン大介の自宅へ。

ワンルームなのに1人暮らしにはでかすぎるアイランドキッチン。
キッチンのデカさでこの家を選んだとのこと

キッチンが家の4分の1を占めているそうです。

用途に合わせた包丁は5本の包丁に鍋も10種類以上。
まるでラーメン屋さんのような寸胴鍋までもっているという。

そしてサイゲンの秘密道具が調味料。

世界中から集めた100種類以上の調味料を駆使し、どんな料理も再現してしまうという。

【再現するための方法】

①匂いで材料を見分ける

②三段階で味を感じ、材料を見分ける
1.食べた瞬間に感じる濃い味
2.あとから追いかけてくる味
3.最後に鼻から抜ける後味

③味を記憶し試作

④味を徐々に足し完成



有名牛丼の再現レシピ

牛丼

カツオ+昆布+中華だしの3種のだしで再現できてしまいます。

1.鍋に水(量は不明)を沸騰させ、カツオだし(小さじ2)と昆布だし(小さじ1)と中華だし(小さじ1)の三種のだしを入れる。

2.①に白ワイン(大さじ2)を入れ(フルーティーになる)、お砂糖(大さじ1と1/3)、醤油(大さじ1と1/2)を入れて出汁が完成!

3.完成した出汁に外国産牛肉(バラ肉)(200g)を1枚1枚落とす感じで入れてフタをして10分弱火で煮る

沸騰しない程度の弱火で煮る

4.最後にスライスしたタマネギを入れ弱火で5分煮こみ、ご飯の上にのせれば牛丼のできあがり!

この牛丼を食べた坂上忍は…。

「すばらしい!ちょっと感動しちゃった」と坂上忍も絶賛!

【坂上ジャッジ】
もちろん得ワザ!

感想

今度は神の舌を持つサイゲン大介ですか。
色々な芸人さんがいますね。

牛丼も調味料とかは家庭にあるものでできるので試してみたいですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ