損得 初心者でもできる家庭菜園!ルッコラや小松菜は卵パックで発芽率アップ

家庭菜園

2015年11月26日放送の「あのニュースで得する人損する人」の中から、「すぐ始められる得ワザ家庭菜園」の紹介。

初心者にも育てやすいルッコラや小松菜を卵のパックを使って種から育てます。

種の発芽率

300種類以上の花や植物を育てた家庭て菜園のプロ石原北斗さんによると…。

そもそも植物には土にまいたときに発芽する発芽する確率発芽率がある。

その確率は種類によって様々で、90%以上ものから低いものだと50%以上のものも。

しかしこの発芽率は温度や湿度などその種にとって完璧な環境で育てた時の確率。

初心者がその環境を作るのは難しく、実査に発芽する確率は書かれている確率を大きく下回ることもあるという。

家庭菜園初心者が最初に陥いりやすい失敗はそもそも芽が出てこない。

ということで今回は卵のパックを使ってルッコラ作りに挑戦!



卵パックでルッコラを育てる方法

【種は卵パックの中にをまくと発芽率がグンと上がる。】

今回は初心者にも育てやすいというルッコラで挑戦!
小松菜やラディッシュでもできます。

1.卵パックのくぼみににキリなどを使って1つずつ穴を開ける。

卵パックで種まき

2.水受け用のトレイを卵パックの下にセットする。

卵パックで種まき

3.卵パックにプランター用の土を8分目まで敷き詰める。

4.③の土に種をまくための1cmぐらいのくぼみを作る。

5.④のくぼみに種を2~3粒ずつまく。

6.土をかぶせて少し押す。(鎮圧というそうです)

押すことによって発芽率が上がる

卵パックで種まき

種は土に密着させた方が水分をきっちり吸収して発芽しやすくなるという

7.卵パックの底が湿るくらいにたっぷり水やりする。

8.卵パックのフタをクリップや輪ゴムで閉じる。

卵パックで種まき

育て方
1日に1回水やりをする。

スポンサードリンク

卵パックを使う得ワザでどれだけ発芽率が上がる?

卵パックは太陽光線を通しやすい。
それにより卵パック内の温度が上昇。

この熱はプラスチックの性質によりパック内で高温のまま保たれる。
土に水分を加えフタをすることで蒸気が発生。

この蒸気がパック内にたまり高温多湿に。

種に含まれる発芽を促す働きがあるジベレリン酸が高温多湿に反応する性質があるので、発芽の確立がグンとアップUP。

実はこれビニールハウスと同じ仕組み。
卵パックでビニールハウスと同じメリットがあるとのこと。

この得ワザでどのくらい発芽率が上がるのか?

番組スタッフの家で卵パックと普通のパックで検証。

卵パックと普通のパックで種まき

4日目の朝になると卵パックのルッコラが見事発芽。

1週間後30粒ずつまいた種を比較。

普通パックだと12個発芽したのに対し、卵パックは24個が発芽。
なんとその差は2倍。

種の袋には発芽率65%以上と書かれていたが、実際は通常だと40%の発芽。
一方卵パックは発芽率80%

ちなみに小松菜とラディッシュでも検証。
どちらも種の袋に書かれている発芽率を上回ったのでした。

そして種まきから1週間後、卵パックからプランターへ植え替えたのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ