【ガッテン】こんにゃくに簡単に味をしみさせる方法!味しみ術!コーヒー漬けも

こんにゃくコーヒー漬け

2017年9月20日放送の「ガッテン」は「世界が注目!
こんにゃくパワー」。

砂糖でこんにゃくの味のしみこみをよくする方法を紹介!

スポンサードリンク

こんにゃくの味のしみこみをよくする方法

今、いろんな食品でカロリーオフ、
糖質オフが大ブーム。

そこでガッテンがおすすめするのは、
日本に古くから伝わる究極のヘルシー食材
こんにゃく。

けれども、味がなかなかしみ込まないのが難点。

こんにゃくはこんにゃく芋から精製した粉から
作っています。
そうするとコンニャクマンナンという植物繊維になり、
お湯と混ぜるだけで簡単に固まります。

コンニャクマンナンは一度くっつき合うと
離れにくい特殊な分子構造をしています。

そのため味が染み込まないのです。

しかし味が染み込む方法があります。

【こんにゃくを砂糖でもむ方法】

『材料』
板こんにゃく→100g

砂糖→ 5g

しょうゆ

『作り方』
1.こんやくを1~2センチ角の
食べやすいサイズにサイの目に切る。

2.こんにゃくとこんにゃく100gあたり5g程度の砂糖と
一緒にポリ袋にいれて2~3分間よくもむ。

3.水分が外にでてくるので
こんにゃくの匂いが苦手な人はこの水分を捨てる。

4.こんにゃくが浸る程度のしょうゆに漬けて、
冷蔵庫で3~6時間おくと
しょうゆ味が染みたこんにゃくができる。

温かい状態で煮物に入れたければこれを
ダシの入った鍋に入れ、沸騰させない程度に火を入れる。



砂糖で味が染み込む理由

こんにゃくの水分が浸透圧で糖分に移動し、
脱水された状態になりすき間ができ。

スポンサードリンク

そこにおだしを入れると隙間のところに
どんどんだしが入って味がしみるんです。

塩でも浸透圧が起こるのですが
味に影響が出やすいので砂糖がおすすめ。

加熱しなくても味がしみます。


【こんにゃくでデザートを作る方法】

スタジオに「こんにゃくのコーヒー漬け」が登場しました。

こんにゃくを砂糖で3分もんで、
しょうゆではなくコーヒーに一晩漬けただけ。

はちみつとレモンに漬けてもおいしいとのこと。

甘みのある液体に漬け込み、
冷蔵庫で一晩置けばデザートができます。

こんにゃくコーヒー漬け
【コーヒー漬け】


【しらたきの場合】

1.しらたきは、臭みをとるため
必ず流水でよく洗います。

2.そのあと食べやすいサイズに切り、
100gあたり5g程度の砂糖と
一緒に袋に入れて2~3分間よくもみます。

3.そのあと更に水でゆすいでおくと
料理に使いやすい状態になります。





この日のガッテンのレシピ↓
【ガッテン】半凍りこんにゃくで食感が変わる!こんにゃくグラタン&青椒肉絲のレシピ

【ガッテン】こんにゃくレシピ!そうめん風しらたき&コールスローしらたき

【ガッテン】こんにゃくレシピ!冷凍したこんにゃくでクラゲ風酢の物

【ガッテン】こんにゃくに簡単に味をしみさせる方法!味しみ術!コーヒー漬けも

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ