【がっちりマンデー】日清紡とは?犬のCMで見るけどよくわからない会社

Yシャツの洗濯

2019年4月7日放送の「がっちりマンデー」は
CMでやたらと見るけど何をやっているのか
よくわからない会社。

ここでは日清紡について紹介!

日清紡

日清紡という会社は、
二人羽織したワンちゃんが写っているCMが有名。

しかし、何をやっている会社なのか分からない。

ということで日清紡の本社へ。
何をやっている会社か広報の人に聞いてみると

「環境エネルギーカンパニーグループとして
グローバル社会にソリューションを提供する会社。」
とのこと。

もう少しわかりやすく説明してほしいというと
「何を説明したらいいかわからない。」
といいます。

なぜ説明が難しいのか?
それには理由がありました。

それは日清紡があまりにもいろんな
ビジネスをやり過ぎているため。

会社案内を見てみると、
シャツに半導体、不動産事業など脈絡がない。

しかし、売上はなんと5120億円なのだそうです。

ということでスタッフは社内のリサーチを開始。

まずやって来たのはシャツ事業部。

アイロン要らずで着る事ができるシャツ。

日清紡の「紡」は糸を作る紡績の紡。
ということでシャツやニットの繊維を製造。



静岡県藤枝市の工場では
おしぼりを作っていました。

おしぼりといっても
紙ではなく綿100%。

綿同士を複雑に絡ませる特殊加工を
施しているので、紙のおしぼりと比べても頑丈。

しかも、吸収性も抜群。

保水性もあるため、
フェイスパックに使われるとのこと。

東海道新幹線のグリーン席は
すべて日清紡製の綿100%のおしぼりなのだそうです。

しかし、繊維事業の売上は全体の10分の1。

もともと木綿の糸を生産する会社
として生まれたのですが、
現在繊維の売上は減少気味で全体の10%。

このままではダメだということで
次々と新たなビジネスにどんどん参入。


日清紡の新しいビジネス

例えば2005年に無線会社を小会社化。
新日本無線では半導体をつくっています。

さらに、2010年には別の無線会社を小会社化し、
船のレーダーを作っています。

さらに縮小した繊維事業の元工場などを使って
甘いイチゴも栽培しているとのこと。

ほかにも元々やっていた繊維の技術を生かして、
車のブレーキをかけた時に
タイヤの中に入っているローターというパーツを
ピタッと止めるための摩擦材などの製造も
行っています。

実は日本の自動車メーカーのほとんどが
日清紡の摩擦材を使っているのだそうです。

その理由は細かい摩擦材の発注に
対応してくれるからなのだそうです。


日清紡のCM

そして、特徴的な日清紡のCMですが、
4月に就任したばかりの村上雅宏洋社長よると
日清紡の犬の二人羽織のCMが一旦終了し、
今度はマレーグマが登場するCMを流すとのことで、
音楽はそのまま使用するとのことです。

日清紡はこれからもいろんなことで
がっちりのようです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ