ヒルナンデス:エッグアート作家の橋本敏美さん!一体何者!?

卵、ゆでたまご

2020年2月19日放送の「ヒルナンデス」の
ある世界で大成功!一体何者!?

身近なものを繊細アートに返信させる職人技

エッグアート作家の橋本敏美さんの紹介!

スポンサードリンク

エッグアート作家の橋本敏美さん

日本を代表するエッグアート作家。

普段は宮司のしごとを手伝っているとのこと。

パリのJapan Expoや、ロンドンの展覧会にも出品。

エッグアートは19世紀のヨーロッパの
上流階級の間で流行したのだそうです。

昔の貴重な作品はオークションで35億円で値が付いたほど。
(橋本敏美さんの作品ではないです)

橋本敏美さんは展示会や海外のショーでは
即売したりするそうですが、言い値なので
特に高くはないそうです。

自宅では教室を開いています。

鳥の卵で作ります。
穴をあけ、中身を出していく。

道具にセットして
印となる線を鉛筆でつけます。

そのあとカッティング。
慎重に削ります。

集中力が必要で
一時間やったら休むというようにしているとのこと。

といった感じで作っていきます。

本物の卵の殻を使っています。

鳥の種類によって卵の大きさも様々。



エッグアートの作り方の動画はこちら↓




>>The Art of Eggs 橋本敏美エッグアート作品集 [ 橋本敏美 ]




教室などの詳細はこちらをどうぞ↓
エッグレジェンドインターナショナル東京: Egg Legend


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ