【マツコの知らない世界】みかん6選を東大生の清原優太が紹介!糖度17度の越冬紅

みかん

2018年1月23日放送の「マツコの知らない世界」のなかの
「みかんの世界」がとりあげられました。

スポンサードリンク

東大6年生の清原優太さん

みかんにハマり過ぎてしまった
東大6年生の清原優太さんが登場。

みかんが好きすぎて、
東大みかん愛好会というサークルを作り
みかんの普及イベントや農家の収穫を
お手伝いしています。

みかんの消費量を増やすを理念に掲げ、
生産現場のことを知るため、
みかん産地をめぐる旅に出たとのこと。

その結果、単位が足りず2度留年。

来週、卒業をかけた試験があり、
今年卒業できなかったら、退学をも超える
除籍となってしまうそうです。

卒業できるのか気になるところですが、
1月23日現在
まだ試験の真っ最中とのことです。



みかん6選

【和歌山県 的場清さんが作る的兵みかん】

和歌山県の的場清さんが作る、
的兵農園の的兵みかん。

1個240円前後の高級ミカン。

的場さんは全国の農家に影響を与える
みかん界の重鎮的存在。

糖度13~15度でコクのある果汁と
さわやかな風味が特徴。

徹底した品質管理で、
時間がたっても味の劣化がないそうです。


【愛知県 尾崎智彦さんのせとか】

愛知県の尾崎智彦さんが生産する
1個1000円前後

愛知県蒲郡市のせとか農家 尾崎智彦さんは、
これまで品評会で10回以上、賞を受賞し、
蒲郡の草分け的存在。

1個1000円の高級みかん「せとか」は
ゼリーのようにとろける食感が最大の魅力。

せとかとは清見×アンコールとマーコットの
交配でできたみかんです。

柑橘界の大トロともいわれている品種で
溢れる果汁、酸味と甘さのバランスが秀逸。



【愛媛県 岩上貴俊さんの甘平】

究極のプチプチ感が味わえるみかんがあるのが、
愛媛県三津浜港から船で1時間の離島、中島。

みかん農家の岩上貴俊さんは、
実は4年前まで東京で清掃員として働いていたが、
中島みかんに惚れ込み転身。

甘平は、水分が少なめで、
粒だった果肉は食べごたえが抜群。

スポンサードリンク

みかんをヘタ部分から剥くと
筋が取れやすく爪が汚れない。
これを北極剥きというそうです。

果汁が少ないためパリパリと音が鳴り、
食感抜群の大粒の果肉で
酸味が少なく強い甘さ。
栽培している農家さんが少ないため、希少な品種。

「甘平」が関東で食べられるのが、
神奈川にあるハッピーバーバーマツノという床屋さん。

ネットからも購入が可能です。



【愛媛県 二宮新治さんのはるか】

愛媛県の二宮新治さん作の1個80円前後の「はるか」。

女性を中心にジワジワ人気が出ているそうです

皮も黄色で中も黄色でレモンのような見た目ですが、
食べると酸味が少なく爽やかな甘さがある。



【高知県 白木浩一さんの土佐文旦】

高知県の白木浩一さん作「土佐文旦」。

1個500円前後のみかん。

文旦の作り方は難しく、
柑橘類の中で唯一受粉交配作業をしないといけない。
羽毛を使って約100万本の雄しべに1つ1つ手作業で
受粉させて作るそうです。

今年は清原さんが受粉作業を手伝ってくれたそうです。

爽やかで清々しい香りが特徴。

最近、皮むきでインスタ映えさせるのが
流行っているそうです。



【和歌山県 井上信太郎さん&清原優太さんの越冬紅】

和歌山県の井上信太郎さんと
清原優太さん作の1個400円前後「越冬紅」。

現在、日本一の甘いみかん作りに挑戦しているそうです。

酸が強い品種で、
もともと11月に出荷するそうですが
1月まで完熟させて甘さを増加させています。

糖度は17度で通常のみかんのはるかに上回る糖度です。

この越冬紅みかんは
紀州柑橘農園 善兵衛のHPから注文できます。

紀州柑橘農園 善兵衛



紹介されたものではないですが、
越冬紅のみかんです↓

おいしいミカンの見分け方のポイント

①ヘタが小さい
②肌がきめ細かく、滑らか
③皮と実の間に隙間がない

清原優太さんによると
手頃なみかんを買うなら成城石井がオススメとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ