【この差って何ですか?】水虫の正しい予防策や改善策!

かかと、足、足裏

2018年6月12日放送の「この差って何ですか?」で
水虫が取り上げられました。

スポンサードリンク

水虫の原因は?

日本人の5人に1人がかかっている
といわれる水虫にまつわる差。

水虫の正しい予防策や改善策を
帝京大学大学院・安部茂教授に
教えていただきます

水虫は、「白癬菌(はくせんきん)」という
水虫菌が、足の裏に付着することで発症します。

水虫菌は、高温多湿な時期になると活発になり
増殖します。

症状としては皮のめくれ、水ぶくれ、かかとのひび割れ、
かゆみなど。

水虫にならないために、より効果的な足の洗い方は?

A:ナイロンタオルで洗う

B:手で洗う




効果的なのはBの手で洗う

水虫は、足の裏に付着した水虫菌が
約24時間かけて角質層の中に侵入することで起こります。

しかし、水虫菌は「水に弱い」ため、
24時間以内によく洗えば水虫にならない。

一方、ナイロンタオルでゴシゴシ洗うと
目に見えない傷がついてしまい、
そこに水虫菌が入ると約12時間で
角質層に侵入してしまう。


水虫にならない革靴の手入れは?

A:除菌スプレー

B:靴乾燥機




効果的なのはBの靴乾燥機

水で洗える靴は、水で洗うのが一番効果的。

しかし、水で洗えない靴の効果的な靴の手入れは、
「靴乾燥機」。

水虫菌は熱に弱く、靴乾燥機で20分程度保つ
ことができれば繊維の中の水虫菌も死滅します。

靴乾燥機がない場合は、ドライヤーでも
代用できるが、20分間あて続けるのは大変。

そこで有効なのが「レモングラスのアロマオイル」。

「シトラール」という成分が、
水虫菌を殺すと分かっていいます。

ティッシュに1〜2滴オイルを染み込ませ、
靴の中に入れ、アルミホイルなどでフタをして
密閉して1晩置くと菌がいなくなります。

「除菌スプレー」の場合、「靴のニオイ」には
効果があるが、水虫菌は付着した部分にしか効果がなので、
水虫菌が残ってしまう。

「シトラール」という成分が、
水虫菌を殺すと分かっています。

ティッシュに1〜2滴オイルを染み込ませ、
靴の中に入れ、アルミホイルなどでフタをして
密閉して1晩置くと菌がいなくなります。

除菌スプレーの場合、靴のニオイには
効果があるのですが、水虫菌は付着した部分にしか
効果がなので、水虫菌が残ってしまいます。

水虫にならないための家での過ごし方は?

A:裸足

B:靴下をはく



水虫にならないために効果的な家での過ごし方は、
Aの裸足で過ごす。

裸足の方が足につく水虫菌の数は多くなりますが、
足が乾燥していれば菌は侵入していかない。

靴下を履いていると、
水虫菌は繊維の間をくぐり抜けて侵入し、
蒸れた靴下の中で一気に増殖すしてしまいます。



水虫にならないためにより効果的な掃除の仕方は?

A:フロアワイパーでふく

B:掃除機をかける



水虫にならないために効果的な脱衣所の掃除は、
Bの掃除機をかけること。

水虫菌は軽くて舞い上がりやすいため、
吸い込む方が効果的。

フロアーワイパーは、床をキレイにできますが、
水虫菌は舞い上げてしまうため不完全になります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ