【この差って何ですか】水虫にならない靴の手入れ!アロマオイルのレモングラス

かかと、足、足裏

2018年6月12日放送の「この差って何ですか?」で
水虫が取り上げられました。

ここでは水虫にならないための
「靴の手入れ」について紹介!

スポンサードリンク

水虫の原因は?

水虫の正しい予防策や改善策を
帝京大学大学院・安部茂教授に
教えていただきます

水虫は、「白癬菌」という
水虫菌が、足の裏に付着することで
発症します。

水虫菌は、高温多湿な時期になると活発になり
増殖します。

症状としては皮のめくれ、水ぶくれ、
かかとのひび割れ、かゆみなどがあります。

水虫にならないための「靴の手入れ」とは?

水虫菌は温度が高くて
ジメジメした環境を好むため、
靴を不潔にしていると、靴の中に水虫菌が
発生してしまいます。

なので水で洗える靴は、水で洗って
清潔にしておくのが一番効果的です。

しかし、水で洗えない靴もあります。

その場合は靴乾燥機靴が効果的。

スポンサードリンク

水虫菌は熱に弱く、42℃で死滅します。
靴乾燥機は、靴の中を44℃まで
温めることができるので、この状態を
20分程度保つことができれば
水虫菌も死滅します。

靴乾燥機がない場合は、ドライヤーでも
代用できるますが、
20分間あて続けるのは大変です。

簡単に水虫菌も死滅させる方法

そこでもっと簡単な方法があります。

それがアロマオイルのレモングラス。

「シトラール」という成分が、
水虫菌を殺すと分かっています。

ティッシュに1~2滴オイルを染み込ませ、
靴の中に入れ、アルミホイルなどで
フタをして密閉して1晩置くと
菌がいなくなります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ