【この差って何ですか】コレステロール値が高いかはアキレス腱でわかる!

かかと、足、足裏

2018年8月7日放送の「この差って何ですか?」
の病気の時に体に現れるサインの差。

ここではコレステロールが高めの人と
そうじゃない人の差を紹介!

スポンサードリンク

高コレステロール

コレステロールが高めの人と
そうじゃない人の差。

偏った食事や喫煙、睡眠不足などが
原因で起こる高コレステロール。

血液中の「コレステロール」が増えると、
血管の壁に「コレステロール」が溜まり、
血流が悪くなり
放置しておくと心筋梗塞や狭心症などの
病を引き起こす可能性を高めると
いわれています。

「コレステロール」値は血液検査で
調べることができますが、
頻繁に血液検査をするのは難しい。

しかし、内山明好先生によると
アキレス腱の太さで
「コレステロール」が高いかどうか
チェックすることができるとのこと

高コレステロールかチェック法

イスに座った状態で足を組み、
片方の踵をもう一方の膝にのせる。

「アキレス腱」の一番細い部分をつまんで、
指と指の間の長さを測る。

アキレス腱

スポンサードリンク

「アキレス腱」の太さが1.5cm以上あると、
「コレステロール」の値が高い可能性があります。

なぜ「アキレス腱」が太いと
「コレステロール」
値が高い可能性がある?

アキレス腱は体の中でも
コレステロールが溜まりやすい場所。

アキレス腱は常に体重がかかっているため、
非常に傷つきやすい組織。

そのため、修復するために
近くの血管からコレステロールが染み出して
膨らんでしまう。

コレステロール値が高いと
心筋梗塞になるといわれるが、
心筋梗塞になった方の10人に1人は
アキレス腱の太さが1.5cm以上あったという
データもあるとのことです。

黄色腫でもわかる

「アキレス腱」の太さ以外に
「コレステロール」値が高いことが
分かる部分があります。

レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた
「モナ・リザ」のモデルは
「コレステロール」値が高いとされています。

それは目頭近くにある「黄色腫」という
黄色いしこり。

「コレステロール」が染み出して、
膨らみをつくるため。




【この差って何ですか】骨粗鬆症の可能性があるかを簡単に調べる方法!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ