得損!家事えもんのバレンタインにチョコフレンチトーストのレシピ

チョコ作り

2016年2月11日に放送された「あのニュースで得する人損する人」の中の家事えもんが伝授!「かけ算レシピ」の紹介!

冷蔵庫の余り物と意外な食材をかけあわせてつくるかけ算レシピ。 

松橋式かけ算レシピ②
お麩×チョコ→バレンタインにオススメのチョコフレンチトースト

スポンサードリンク

チョコフレンチトースト

かけ算レシピ②
お麩×チョコ


【チョコフレンチトーストのレシピ】

チョコフレンチトースト

『チョコフレンチトーストの材料』
お麩→8個
卵→1個
牛乳→100ml
砂糖→大さじ1
チョコレート→100g
バター→適量

『チョコフレンチトーストの作り方』
1.卵に砂糖を加え、なめらかになるまでしっかりと混ぜる。
さらに、牛乳を加え混ぜる。

2.①にお麩を入れ、全体にしっかり卵液をかけ、20分放置する。

3.バターを溶かしたフライパンで、②の20分おいたお麩を焼いていく。
両面に焼き色がついたら、粗熱をとる。

強火だと中まで火が通らないうちに、外側が焦げてしまうので、中~弱火くらいで加熱すると、中がトロトロしてきて美味しく焼ける。

スポンサードリンク

4.荒めに砕いたチョコレートをドライヤーの温風で溶かす。3分ほどでトロトロに。

(チョコレートを湯せんする時、溶けるのに時間がかかったり、中にお湯が入ってしまったりと面倒なのでドライヤーを使う)

チョコフレンチトースト

5.バットなど、高さのある容器にラップを張り、その上にクッキングシートを乗せる。

粗熱をとったお麩のフレンチトーストの真ん中にピックを刺し、チョコレートをたっぷりつけ、クッキングシートの上に並べていく。

6.冷凍庫で10分冷やしたら、チョコフレンチトーストの完成!

冷凍庫で10分冷やすことで、外側のチョコだけ冷やして、中はトロトロのままに



感想

パンより卵液が染みやすいお麩を使うことで、よりトロトロの食感になるそうです。

番組で試食していましたが、お麩とは思えない!とろけるプリンぐらい柔らかい!などと大好評でした。

それにチョコを溶かすのにドライヤーを使うなんてビックリですね。


この日(2月11日)に放送されたほかの記事はこちら!
得損!バタコやんの30分でできるサクサク!クロワッサンのレシピ

得損!バタコやんのたった10分!スピードフォンダンショコラのレシピ

得損!家事えもんのまるごとキャベツ鍋&締めに生パスタのレシピ

濃厚クリーミーな卵かけごはん&目玉焼き【得する人損する人】

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ