【たけしの家庭の医学】名医の肩こり解消法!肩すとん&ブーケトスストレッチ

肩すとんストレッチ

2017年9月26日放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」は
「内臓脂肪を減らす(秘)海藻&ご長寿ホルモン」。

ここでは名医が教える肩こり解消法
について紹介!

スポンサードリンク



肩こり解消ストレッチ

世界的な“痛みの名医”田中靖久先生が
診療の現場でよく使っているという
2つの肩こり解消法を紹介してくれました。

田中先生の師である、
東北大学名誉教授の国分正一先生が編み出した方法。


肩すとんストレッチ

即効性が非常に高いストレッチです。

1.こっている肩の反対側に首を傾ける

2.こっている側の肩を上げる。

3.そのまますとんと落とす

これを3回繰り返す。

肩すとんストレッチ

血流が高まりコリがやわらぎます。

肩こりが強い人は回数を増やすと効果的。



ブーケトスストレッチ

このストレッチをする前に
身体を右や左に回し
その感じを覚えておきます

回しにくい方向があったらその感じを覚えておきます

スポンサードリンク

ストレッチ後に身体の回しやすさに変化が起きます。

1.耳の横から腕をできるだけ高く上げる

2.肩を叩くように両手をおろす

これを3回繰り返します。

ブーケトスストレッチ

ストレッチを行った後、
身体を回してみると
ストレッチの前より
身体が回しやすくなっています

肩こりは肩の筋肉だけに問題があるわけではなく
腰や背中腕などの
筋肉のこわばりが影響している場合もあるとのこと

このストレッチを行う事で、
様々な筋肉の血流が良くなり
肩こりが改善します。

朝・昼・晩、1日3回程度を毎日続ければ
数日で辛い肩こりから解放されることも十分に
可能だといいます。



この日のたけしの家庭の医学の記事↓
【たけしの家庭の医学】名医の肩こり解消法!肩すとん&ブーケトスストレッチ

【たけしの家庭の医学】認知症予防に脳内物質NGFを増やすタオルマッサージ!

【たけしの家庭の医学】内臓脂肪を減らす海藻はアカモク(ギバサ)!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ