【家庭の医学】大腸がん予防ににんにく!奥薗壽子流 にんにく塩麹をつかったレシピ

にんにく

2013年8月13日「たけしのみんなの家庭の医学」は
「本当にカラダに効く食べ物が判明!
名医が認めた医食同源SP 第2弾」

2016年8月27日にBSで再放送されましたので
「にんにくで大腸がん予防」だけ紹介!

長いので2つに分けます。

こちらではにんにく塩こうじを使った
奥薗壽子先生のレシピを紹介!

スポンサードリンク

【家庭の医学】にんにくのS-アリルシステインが大腸がんの予防に!
からの続き。

にんにくのS-アリルシステインという成分が
大腸がんの予防の効果があることがわかり、
どうせならS-アリルシステインを増やして食べたいもの。

そこで、高橋徳江先生と料理研究家の奥薗壽子先生に
協力してもらい、ニンニクに含まれるS-アリルシステインを
一晩で効率よく増やす方法を調査。

・すりおろしたニンニク
・みじん切りのニンク
・すりおろしたニンニクを熱燗につける
・みじん切りのニンクを電子レンジで加熱

・みじん切りのニンクをオリーブオイルで煮る
・すりおろしたニンニクを塩こうじにつける
・冷凍みじん切りしたニンニクを焼酎につける

こうして7種類のニンニクを作ったのです。

3日後、測定結果が出ました。
すりおろしただけのニンニクは、生のニンニクに比べ
S-アリルシステインが0.7倍という結果に。
減ってしまいました。

みじん切りニンニクは1.8倍に。
7種類の中でもS-アリルシステインが増加したのは
みじん切りでなにかしたものでした。

高橋徳江先生と奥薗壽子さんは
みじん切りニンニクを電子レンジで加熱し、
塩麹と合わせることを提案。

みじん切りニンニクを電子レンジで加熱し、
塩麹と合わせたものは、
基準値の2.7倍S-アリルシステインが
増加しました。

大腸がん予防が期待できる
ニンニク塩麹の作り方を紹介!

【奥薗流ニンニク塩麹のレシピ 】

『材料』
ニンニク→1玉
塩麹→50g
(ここでは大さじ1杯あたり塩分約2gのものを使っている)

『作り方』
1.ニンニクは5m程度のみじん切りにする。

ラップをかけて500Wの電子レンジで20秒加熱する。
※ニンニク臭がほのかに香る程度が目安

2.密閉袋に、①のニンニクと塩麹を入れて
しっかりと混ぜる。

室温で一晩寝かせればニンニク塩麹のできあがり

※大さじ1杯で、ニンニク2.7片分摂取できます

※にんにく塩麹は冷蔵庫で3か月ほど保存できます。

※S-アリルシステインが増える可能性があるので
多めに作って作りおきがオススメ。


しかしにんにく塩麹は
たくさん食べると塩分を取り過ぎてしまう。

大さじ1杯=塩分0.7g
1人分の塩分2.5g未満に。

奥園さんがS-アリルシステイン豊富な
ニンニクの減塩レシピを3品紹介。

【暑い夏でもさっぱり!ニンニクと海苔のお刺身サラダレシピ】

奥薗流!ニンニクと海苔のお刺身サラダ

『材料』(2人分)

カツオ(刺身用)→小1サク(200g)
みょうが→3個
大葉→10枚
かいわれ→1パック
レモン→適宜
ニンニク塩麹→大さじ2 ※作り方は下記に

(海苔ドレッシング)
焼き海苔→全形2枚
ごま油→大さじ1
わさび→小さじ1
みりん→大さじ1/2
しょう油→大さじ1

『作り方』
1.ボウルに薄めにスライスしたカツオに
ニンニク塩麹を入れて下味をつける。

カツオに下味をつけることで、ドレッシングが減塩できる

2.海苔はハサミで細く切る。

※海苔に多く含まれる食物繊維は、
大腸がんに効果があるといわれている

3.別のボウルに海苔、しょう油、みりん、わさび、ごま油を
入れて混ぜ合わせてドレッシングのできあがり

4.カツオを皿に広げて盛り、
海苔ドレッシングをまんべんなくのせる。

※まんべんなくドレッシングをのせることで、
少ない塩分でも味を感じられる

5.さらに長さ2等分くらいに切ったかいわれ、
細く切った大葉、小口切りしたみょうがをのせ、
レモンを絞ればニンニクと海苔のお刺身サラダのできあががり。
(1人前 塩分は2.3g)

スポンサードリンク

【旨味たっぷりのオクラ肉団子のレシピ 】

奥薗流!オクラ肉団子のレシピ

『材料』(2人分)

(肉だね)
豚ひき肉→150g
オクラ→10本
えのき→小1袋
卵→1個
コショウ→少々
片栗粉→大さじ1
ニンニク塩麹→大さじ2 ※作り方は下記に

(付け合わせ)
大根おろし→100g
ポン酢しょう油→大さじ2

オリーブ油→大さじ1

『作り方』 

(肉だね作り) 
1.ポリ袋にみじん切りしたえのき、
ニンニク塩麹を入れて揉み込みます。

えのきは石づきを残したまま
頭から切るとみじん切りしやすい

ポリ袋を使うことで、混ぜやすく手も汚れない

2.片栗粉を加えてえのきの旨味を閉じ込める。

3.さらに、豚ひき肉、卵、コショウを
加えてよく混ぜ合わせる。

みじん切りしたえのきの旨味が
肉全体に行き渡り、少ない塩分でも美味しさが引き立つ

4.厚めに切ったオクラをさらに加え、
混ぜ合わせて肉だねのできあがり

オクラを厚めに切ることで、独特の食感が楽しめる

5.フライパンにオリーブ油を熱し、
ポリ袋の角を切り肉だねを絞りだして片手で丸く成形し並べる。

袋からタネ絞り出すことで、
まとまりやすくなる

6.両面に焦げ目がつくまで焼き、
蓋をして弱火で2~3分蒸し焼きにします。

蒸し焼きにすることで、ふっくらと焼きあがる

7.皿に盛り、大根おろしをのせ、ポン酢しょうゆ
をかければオクラ肉団子のできあがり。
(1人前 塩分は2.1g) 

【こんがりキツネ色!トウモロコシの落とし焼きのレシピ 】

ト奥薗流!ウモロコシの落とし焼きのレシピ

『材料』(2人分)
トウモロコシ→2本
鶏ひき肉→100g
小麦粉→100g

水→200cc
オリーブ油→適宜
粗びきコショウ→少々
塩→少々
ニンニク塩麹→大さじ2

『作り方』

1.トウモロコシは包丁でこそぐ。

2.ボウルに小麦粉を入れ、
泡立て器で混ぜながら水を少しずつ加え入れる。

そこに塩ち粗びきコショウを加える。

3.ポリ袋に鶏ひき肉、ニンニク塩麹を
入れてよく混ぜ合わせる。

※鶏ひき肉に対してニンニク塩こうじが多め
濃い目のお味付けになっています

4.ポリ袋の角を切り、ボウルに何回かに分け加え入れる。

さらにトウモロコシも加え、
スプーンを使って鶏ひき肉がところどころ塊りで
残るように混ぜ合わせる。

※味の濃い鶏ひき肉の塊りで薄味の生地をカバー

5.フライパンにオリーブ油をひき、
生地をどら焼きくらいの大きさに広げて焼く。

油は少し多めの方がカリッと焼ける

6.フチがこんがりキツネ色になってきたら
裏返して両面を焼き火を通す。

※ふたをした方が早く焼けるがふたを
しないほうがサクサクに焼ける
最後に粗びきコショウをふれば
トウモロコシの落とし焼きの出来上がり
(1人前 塩分は1.1g)

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ