【沸騰ワード10】はんこ対決!名字研究家高信幸男VSはんこ屋の秀島徹

スポンサードリンク

印鑑、ハンコ

2018年12月14日放送の「沸騰ワード10」

名字研究家の高信幸男さんと、
日本一のはんこ屋の秀島徹さんの対決
第5弾。

名字研究家・高信幸男さん

リポーター朝日奈央さんが
名字研究家の高信幸男さんと
待ち合わせた美容室には、
「一番合戦」という名字の女性がいたのでした。

戦で一番先頭に立って戦っていた人が
名乗ったと言われています。

今回の対決に向け、高信さんは学生数日本一の
日本大学で、この日は学園祭、
珍名を探したのでした。

「大平落(おおひら)」全国で3人
本来はおでらおとしというのですが
おじいやんが読みづらいからと変えてしまった。

「生艸(いぐさ)」全国で5件

「無着(むちゃく)」全国で8件

「猪腰(いのこし)」

「三佐碕(みさざき)」

「蕎麦田(そばた)」

「最賀(さいが)」
など、珍しい名字を次々と獲得。

学園祭ということでお茶の水女子大学も訪れ、
ここでも珍名を次々と発見。

この日は36人の珍名に出会ったのでした。

スポンサードリンク

日本一のはんこ屋VS名字研究家対決

決戦当日。
はんのひでしまへ。

50年間、全国の珍名はんこを
作り続けてきた秀島さん。

前回2敗した秀島さんも、
約1万種類のはんこを追加して
高信さんを待ったのでした。

前回の第4戦のようす↓
【沸騰ワード10】はんこ対決!名字研究家高信さんが引退をかける!

名字頂上決戦第5戦。

高信さんが珍しい名字をフリップに書き、
そのはんこが置いてあるかの十番勝負を行います。

第1問「達广(たつま)」

第2問「三八九(さばく)」全国で1件

第3問「名無(ななし)」
第3問まで秀島さんが勝利。

第4問「三佐崎(みさざき)」
高信さんは日大で出会った
全国4軒の名前尾を出したのですが
これも秀島さんが勝利しました。

第5問「駒月(こまづき)

第6問「藻谷(もたに)」

第7問「功刀(くぬぎ)」

第8問「生艸(いぐさ)」

高信さんはとっておきの苗字を出したのですが
秀島さんが勝利しました。

第9問「山野邉(やまのべ)」

第10問「池鯉鮒(ちりふ)」

最強の珍名で勝負したのですが
秀島さんが勝利。

秀島さんの10連勝で終わったのでした。

コメントを残す

このページの先頭へ